「ゴーオンジャー」玩具で指挟む事故、14件判明

印刷

   バンダイが製造した「炎神戦隊ゴーオンジャー」のキャラクター玩具で、子どもが指を挟む事故が14件あったことが2009年1月25日、明らかになった。

   経済産業省の調べによると、事故を起こしたのは「装甲車輪 ゴローダーGT」の玩具。車輪とそこから出るロボットの足の関節部とのすき間に指を挟むケースで、爪がはがれるけがもあったという。この玩具は、08年9月の発売以降、約18万個が製造されている。

   同社は、ホームページなどを通じて、注意を呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中