20代女性「年の差婚」が増加 不況が影響「収入安定志向」強まる

印刷

   俳優の石田純一さん(55)とプロゴルファーの東尾理子さん(33)の年の差カップルが婚約を発表して注目を集めているが、東尾さんのように年上の男性と結婚する20、30歳代女性が増えている。不況の影響もあって、同年代の男性よりも収入が安定している年上のほうが魅力があるようだ。

11歳以上の差があるカップルは46%

   会員制の結婚相談所を運営するアルパ(東京都港区)は20歳代から40歳代の女性154人に「結婚に関するアンケート」を行った。女性が結婚相手に求める希望平均年齢は、20歳代女性が9歳上、30歳代が8歳上、40歳代が5歳上となり、若い女性ほど年上を求める傾向にある。

   同社の結婚相談所で結婚したカップルの年齢差(男性のほうが上)を5年前と比較したところ、0~5歳が現在39%(5年前60%)、6~10歳が15%(25%)、11~15歳が38%(13%)、16歳以上が8%(2%)となり、11歳以上の差があるカップルは46%を占めた。

   年の差婚が増えている理由について、同社は、不況の影響で20、30歳代の女性は仕事でキャリアアップするよりも結婚を望むようになっている。その場合、収入が安定している40、50歳代の男性を結婚相手として求めるため、とみている。調査は2009年7月31日~8月4日に実施し、9月30日に発表した。

   業界最大級の会員数を誇る結婚相談所、オーネットでも、年の差カップが増えている。男性のほうが11歳(以上)上のカップルは2000年が全体の2.1%だったが、08年は4.4%と微増した。広報担当者は、

「昔から女性が結婚相手に求めているのは経済力で、その点は同年代よりも年上の男性のほうが期待できます。ただ、昔は同年代同士の結婚がほとんどだったので年の差婚が成立しにくかったのですが、今は40歳代の男性の独身者が多く、それが最近になって年の差カップルが増えている理由です。また近頃の40歳代は見た目が若々しく、若い女性が結婚相手として見ることができるようになったんだと思います」

といっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中