2018年 6月 19日 (火)

「婚活」連続不審死の34歳女 ネット詐欺常習者だった!

印刷

   連続殺人の疑いが持ち上がっている東京都豊島区の無職の女(34)は、ネットを利用して次々に犯罪に手を染めていた。6年前はネットオークションで、そして今回は出会い系サイトで。ネット上では、危険人物視されていたことも浮かび上がっている。

   事件は、ネット上の「婚活」ブームに冷や水を浴びせるような異常な展開をみせている。

不審死男性のブログに、お悔やみ1000件も

不審死男性ブログにお悔やみが殺到
不審死男性ブログにお悔やみが殺到

   埼玉県内で2009年8月に不審な死を遂げた東京・千代田区の会社員男性(41)は、女と出会い系サイトで08年夏に知り合った。報道によると、男性は母親に「いい人ができた」などと打ち明け、結婚資金として女に500万円を渡していた。また、亡くなる前日には、自らのブログで婚活報告までしていた。

「実は41歳のトマちゃんは婚活中でしてwつか今日相手のご家族と会うのです。ここ最近ずっと相手と新居を探したり新生活のことを話し合ってるんです。今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます」

   ところが、そのわずか20時間後、車の中から変死体で見つかる。練炭が焚かれ自殺を装っていたが、埼玉県警では、体内から睡眠導入剤が検出されるなどしたことから、殺人事件の疑いがあるとみている。

   そして、直前まで一緒にいた女が、事件前にネットで練炭を大量に購入していたことなどが判明。県警が死亡との関連を捜査しているというのだ。

   亡くなった男性は、プラモデルのマニアとして知られ、最後のブログ日記では、結婚後しばらくしてプラモを再開したいと写真付きでつづっている。その思いはかなわなかったわけで、ブログには、お悔やみのコメントが殺到し、すでに1000以上に達している。

   自宅の火災で5月に亡くなった千葉・野田市の男性(80)も、女とネット上で知り合った。女はヘルパーとして出入りしていたという。こちらも練炭が焚かれ、女が火災当日に男性のキャッシュカードから180万円を引き出しており、県警が関連を調べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中