2020年 5月 26日 (火)

今シーズンデビュー組大幅増 花粉症日本人2人に1人間近

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   花粉症に発症した人が大幅に増え、発症者が日本人の約4割に――。そんな調査結果を、ウェザーニューズ社が明らかにした。花粉の猛威は、留まることを知らないようだ。

   5月の連休が近づいても、街中ではマスクをかけた人を多く見かける。

ヒノキ花粉は、5月上旬の連休明けまで続く

東海地方が特に多い
東海地方が特に多い

   これは、放射能怖さからばかりではないらしい。スギ花粉に続いて、ヒノキ花粉が2011年4月中旬に飛散のピークを迎えており、なかなかマスクを手放せないのだ。

   ウェザーニューズでは、11年春の花粉飛散量は、前年に比べ関東で5~8倍、近畿で7~11倍になると予想していた。夏の猛暑による日照時間の増加で、スギの木が成長して雄花がたくさん付いたからだ。フタを開けると、11年3月末現在の飛散量は、関東、近畿ともに前年の5倍を観測した。

   同社によると、飛散量は、局地的に多いところと少ないところがあるが、その増加ぶりでは、ほぼ当初の予想通りだという。3月中旬がピークだったスギ花粉は、4月いっぱいで終わる一方、ヒノキ花粉は、5月上旬の連休明けまで続き、さらに飛散量が積み増す見通しだ。

   11年の特徴は、花粉症デビュー組が多くなっていることにある。

   ウェザーニューズが4月7~10日に行った調査で携帯サイト利用者約2万3000人から寄せられた回答では、約8%の人が今シーズンから発症したと答えた。飛散増加で耐久量の限度を超えた人が多かったのが原因といい、昨シーズンからとの回答が約5%だったのに比べても多い。前年の調査では、約3割の人が花粉症であることを明かしており、単純に計算すると、今回のデビュー組を加えれば、約4割の人が花粉症であることになる。

   つまり、発症者が日本人の3人に1人から、2人に1人にまで近づいているわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中