「電波入らない場所は不安」が66% 働く女性の携帯ストレス

印刷

   働く女性に聞いたケータイに関する意識調査で、電波の入らない場所にいると不安だという人が66%にのぼった。スマートフォンの登場でより使いやすくなったインターネットやソーシャルメディアの利用も多く、携帯電話各社とも電波の「つながりやすさ」に力を入れる。

   女性向けマーケティングを手がけるトレンダーズは2011年5月23日、首都圏在住の20~39歳で仕事を持つ女性500人に対して行った、ケータイに関する意識調査の結果を発表した。

78%が「ストレスを感じる」

「急に使えなくなってしまうのが困る」
「急に使えなくなってしまうのが困る」

   それによると、携帯電話でよく使う機能は、メール(98%)、通話(90%)、カメラ(76%)といった基本的な機能以外では、インターネット(67%)、ソーシャルメディアの閲覧・書き込み(31%)が挙がった。よく使うソーシャルメディアはmixi(閲覧66%、書き込み51%)とツイッター(閲覧43%、書き込み39%)で、通話やメール以外のコミュニケーションの手段となっているようだ。

   ただ、これらの機能は電波が入らなければ使えない。電波状況が悪く、携帯電話がつながらなかったことで、75%が「連絡やコミュニケーションがうまくいかなかった」。電波状況が悪く、携帯電話がつながらない状況を、78%が「ストレスを感じる」と答えている。また、66%が電波の入らない場所にいると「不安」という結果だった。

   具体例では、「待ち合わせしたのにメールが届かず会えなかった」「重要な商談中に会話が途切れてしまい、相手を不快にさせてしまった」などだ。スマートフォンを1年半利用中の女性会社員(22)は「地下でもないのに、場所によって急に使えなくなってしまうのが困る。ツイッターに投稿できないこともよくある」と言う。また調査では、電波状況が悪いと感じることが少なく、「つながりやすさ」に関して満足度が高いキャリアは、1位がNTTドコモ、2位がau、3位がSoftbankという順だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中