2019年 1月 18日 (金)

「ソニーPS4の開発始める」 海外サイトが報じた特ダネの真相

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   ソニーが家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の後継機「PS4」を開発している、との情報がネットで流れた。ソニーの加藤優CFO(最高財務責任者)が認めたのだという。海外の複数のゲーム関連サイトが報じ、日本の一部ニュースサイトも訳文を掲載している。本当ならゲーム業界を揺るがす大特ダネだ。

   「PS4開発進行」を伝える記事にはこんなことが書かれている。

我々のプラットホーム開発は進行中である

「ソニーの加藤CFOが2011年5月26日に投資家と電話で会議を行った。投資家から研究開発コストについて質問された際に、PS3はまだ家庭用ゲーム機としての製品寿命はあるのだが、我々のプラットホームビジネスにおける開発は進行中であり、そこにはコストが発生すると述べた」

   この文章の中には「PS4」という文字はないが、「開発は進行中」というのが「PS4」を指している、ということのようだ。3ヶ月前にはソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の平井一夫社長が「PS4」を作るかどうかの議論すらしていないと発言していたが、それを覆す発言であり、6月の「E3」で発表が予定されている任天堂「Wii」の次世代機、一部が出来上がったとされるマイクロソフト「Xbox360」の次世代機との覇権争いが始まる、などとも書かれている。

   これが本当ならどれだけ進化したゲーム機が登場するのかわくわくする出来事だ。

   SCE広報によると、2011年5月26日に決算発表の記者会見が行われたあと、投資家への説明会に加藤CFOが出席した。投資家から新しいゲーム機の開発について質問が出て、答えたことまでは合っている、という。

PSPの次世代機「NGP」のことだった

   ただし、加藤CFOが答えた内容は、開発・販売を発表している携帯型ゲーム機「PSP(プレイステーションポータブル)」の次世代機「NGP(ネクストジェネレーションポータブル)」についてであり、「PS4」ではないのだそうだ。

   SCE広報によれば、「PS4」の開発を伝える複数の海外サイトを見つけて驚いているが、なぜこのような誤報になったのかは分かっていないという。それでは改めて「PS4」の開発はどうなっているのか尋ねたが、

「今のところお話しするようなことは何もありません」

ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中