2019年 2月 22日 (金)

エルピーダのスポンサー、外資3社軸に 米・中・韓が激しい争奪戦

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   経営破綻し会社更生手続き中の半導体大手、エルピーダメモリの支援企業を決める第1次入札が2012年3月末に締め切られ、提示金額上位3社の米マイクロン・テクノロジー、韓国SKハイニックス、米系投資ファンドのTPGキャピタルが4月末の第2次入札に進むことになった。

   2009年に日本政府から公的資金300億円を投入された「日の丸半導体」エルピーダは、外資の支援のもとで再建を進めることになった。第1次入札の提示金額が低く落選した東芝はハイニックスと組んで2次入札に進むことを模索しているが、いずれにしろ主導権は外資が握ることになる。

蓄積した技術力が魅力

   エルピーダはパソコンや携帯電話などに使われる記憶装置で「DRAM(ディーラム)」と呼ばれる半導体のメーカー。世界のDRAM市場のシェアは韓国のサムスン電子、SKハイニックスに次いで3位。1999年にNECと日立製作所が事業統合して誕生し、2003年には三菱電機の事業も統合。日本で唯一のDRAMメーカーだが、市況悪化に円高も追い打ちとなって経営に行き詰まり、2月27日に会社更生法の適用を東京地裁に申請した。

   収益力が悪化し落ちぶれた国策半導体メーカーとはいえ、長年蓄積した技術力では韓国勢に引けを取らない。そうしたこともあってスポンサーに手を挙げる企業は世界に広がり、国際争奪戦の様相となっている。

   最有力と見られているのが、DRAM世界シェア4位の米マイクロン・テクノロジーだ。もともと、エルピーダの坂本幸雄社長が資本提携先として交渉をしていた経緯もある。第1次入札でも最高額と見られる1500億円超を提示した模様だ。エルピーダ同様、韓国勢に遅れを取っているマイクロンとしては、技術力も併せ持つ3位のエルピーダを買収して規模を拡大し、攻勢に出たい考えだ。

   一方、DRAM2位のハイニックスのシェア(22%)は、首位のサムスン電子(45%)の半分以下にとどまる。ハイニックスは背中が遠くなる一方のサムスンへの対抗心が強いとされており、シェア12%のエルピーダは魅力的に映っているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中