トヨタの資産運用会社、三井住友アセットが吸収合併 13年春

印刷

   三井住友アセットマネジメント(AM)は、トヨタグループの資産運用会社のトヨタアセットマネジメントを、2013年4月をめどに吸収合併する。三井住友AMが2012年10月2日に発表した。トヨタグループは資産運用事業から撤退する。

   三井住友AMは、住友生命保険や三井住友海上火災保険、三井住友銀行などが出資する資産運用会社。トヨタAMにはトヨタファイナンシャルサービス(FS)とあいおいニッセイ同和損害保険が50%ずつ出資している。

   10月末に三井住友海上がトヨタFSの保有株を買い取る。三井住友AMは13年4月にあいおいニッセイ同和と三井住友海上が保有するトヨタAMの全株式を買収し、完全子会社化したうえで吸収合併する。

   合併後の運用資産残高は約12兆円。規模を拡大することで事業効率を高める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中