2019年 11月 18日 (月)

慶應SFC入試にまさかの「数独」出題 受験予備校「いかがなものか」と苦言

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   電車の中で解いている人をよく見かけるペンシルパズルの王様「数独」(ナンプレ)。これが慶應義塾大学の入試に、数学の問題として出題されて話題になっている。

   勉強してきた知識では解けないため、戸惑った受験生が多くみられた。また、予備校も趣味としてやっていた人が有利になるとして苦言を呈している。

「時間持ってかれて爆発したwwww」

数独が入試に出題で受験生戸惑う
数独が入試に出題で受験生戸惑う

   「数独」とは9×9の正方形の枠内に1~9までの数を入れるペンシルパズルの名前だ。ナンバープレース(ナンプレ)とも呼ばれる。縦・横の各列と、太枠で囲まれた3×3のブロック内に同じ数字が複数はいってはいけないというルールがある。

   ポケットサイズの冊子にまとめられた問題集が販売されていて、電車での移動中にも遊べる元祖「携帯ゲーム」として親しまれてきた。最近では海外でも人気が高い。

   この「数独」に似た問題が出題されたのは2013年2月19日に実施された慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)総合政策学部入試の数学の第2問だ。

「焦ったwwwwwwwwwwww数学の入試に数独でてきよったwwwwwwwww途中でやり直して40分かかったwwwwwwwwwwww」
「まさかの数独wwwwww 時間持ってかれて爆発したwwww」

   試験終了直後の12時過ぎから、ツイッターにはこんな書き込みが相次いで投稿された。

   ともにアップされていた画像を元に「数独」初心者の記者が挑戦してみたところ、合計で31分かかり確かに難しいと感じた。実際には試験は5問で、制限時間は120分だから単純計算すると1問あたり24分しかつかえない。

   これまで勉強してきた数学の知識では解けない目新しさの上に、制限時間のプレッシャーが加わるとなると、混乱した受験生が多かったのもうなずける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中