2020年 3月 30日 (月)

犬と飼い主は顔が似ている そのポイントは「目」だった

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   愛犬と散歩している飼い主を見て「そっくり!」と思ったことがある人は少なくないはずだ。

   実際に「犬と飼い主は顔が似ている」という研究報告は複数あるが、関西学院大学の教授が、似ているという判断には「目」が重要であるという結果を発表した。

飼い主と犬の写真、正しいペアとペア入れ替えで調査

そっくりな犬と飼い主、ポイントは「目」?
そっくりな犬と飼い主、ポイントは「目」?

   実験は、関西学院大学の中島定彦教授(動物心理学)が英国の学術誌「アンスロズーズ」12月号に発表したもので、2013年10月25日、電子版に掲載された。中島教授は09年に「犬と飼い主は顔が似ている」という論文を発表しており、今回は顔のどの部分が似ているのかに焦点をあてている。

   中島教授は40頭の犬(純血種)とその飼い主のカラー写真を用意し、正しいペア20組とペアを入れ替えた20組に分け、事情を知らない学生ら計547人にどちらが似ているかを5つの条件で尋ねた(実験は全5回)。

   その結果、そのままの写真では67~80%の判定者が正しい組を選択し、犬と飼い主の「目だけ」を見せた写真でも69~76%の人が正しい組を選んだ。犬と飼い主、どちらか一方の目を黒線で隠した写真では、ともに正答率は50%前後となり、たまたま選んだ場合の偶然水準を超えなかった。また、飼い主の口を隠した写真では、ほとんど結果に影響が出なかった。以上から「犬と飼い主が似ている」と判断するには目(目および目の周辺)が重要であることが分かる、と結論付けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中