福島市長選で新人・無所属の小林香氏が当選

印刷

   2013年11月17日に投開票された福島市の市長選で、新人で無所属の小林香氏(54)が当選した。現職で無所属の瀬戸孝則氏(66)は4選を目指したが大差で敗れた。

   小林氏は元環境省東北地方環境事務所長だったが、福島を早く復興させたいとして環境省を退職し市長選に挑んだ。市民には復興の停滞感が漂っていて、迅速な除染などを公約に掲げた小林氏に市政を託した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中