アニメキャラ、好きな芸能人と…働く女性の9割「エア恋愛」妄想 「情けない男性が多くて、現実が虚しすぎるから」?

印刷

   働く女性の9割が「エア恋愛」妄想にふけっている――。こんな実態が、調査で明らかになった。専門家は「片思いも妄想の一種であり、妄想は現実の恋愛の準備としても有効であるといえる」などと話している。

「好きな芸能人と壁ドンなどのシチュエーションを妄想」

   調査を行ったのは携帯電話のアプリ開発などを行うサイバード社。2014年5月29日から30日にかけて、20~30代の働く未婚女性500人を対象に、女性の恋愛に関する妄想、すなわち「エア恋愛」について調べた。

   それによると、「エア恋愛をしたことがある」と答えた人は全体の9割にものぼった。内容は「好きな芸能人と壁ドンなどのシチュエーションを妄想する」(神奈川県・34歳)、「男らしく俺様タイプの人に強引にこられる」(広島県・31歳)「逆ハーレム!美形しかいないおきまりパターン」(東京都・30歳)、「困っているところを助けた男性が実は資産家だった。偶然、再会し恋愛関係になる」(愛知県・27歳)といったものだ。

   年齢が上がるにつれて、趣向も変わっていくようで、「架空感が年々増してきている」(埼玉県・28歳)、「マンガやアニメに出てくる好みのキャラクターたちとの恋愛を妄想するようになった」(埼玉県・22歳)と言う人や、「学生の時のような初々しくキュンキュンするものを求めるようになった」(福岡県・32歳)、「行動やシチュエーションについては経験を重ねるにつれてより具体的になるが、具体性とは反対に相手に対する理想は高くなった」(長野県・27歳)といった体験談も出た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中