2019年 12月 10日 (火)

安室奈美恵「独立報道」に同情の声 年80公演のハードスケジュールでは「嫌にもなるわ…」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   安室奈美恵さん(36)といえば、1990年代に小室哲哉さんのプロデュースで大ヒットを飛ばした歌手で、2000年代からはコンサートを中心に活動し「実力派歌手」、また女性向け雑誌などにも登場し「ファッションリーダー」としての立場を確立している。

   そんな安室さんが、「事務所から独立しようとしている」との報道が出た。現状を「奴隷契約だ」と嘆いているという。本当だとすれば、衝撃的な内容だ。

すでに新個人事務所を設立した??

   安室さんの「独立騒動」を報じたのは、2014年8月6日発売の週刊文春だ。

   1992年のデビューから所属する事務所「ライジング・プロ」代表取締役の平哲夫氏、傘下のブッキングエージェンシー「ヴィジョン・ファクトリー」代表取締役の春日隆氏に、2014年5月「事務所を辞めたい」「独立したい」「これでは奴隷契約です」と突然切り出したという。

   後日税理士とともに提出した「提案書」には、17年2月末まで残っているライジングと安室さんの個人事務所との契約をいったん終了する、残りの期間は安室さんが作る新会社とヴィジョンが契約を改めて交わす、変更後は印税の配分や報酬の割合を上げる、原盤権の一部を安室さんの新会社が保有するなどと書かれていたそうだ。6月には新しい個人事務所「ステラ88」を設立したという。

   平氏は沖縄アクターズスクールに通っていた小学6年生だった安室さんを見出した人物。しかし「安室さんに近い音楽関係者」は安室さんが近年平氏への不平不満を漏らしていたといい、「アーティストのこだわりが理解されていないと感じていたのかもしれない」と文春にコメントしている。

   独立について、ライジング、ヴィジョン両社からは、「弁護士に一任しています」とだけコメントされたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中