2020年 1月 28日 (火)

なぜサッカー場でバナナを振りかざすのはダメなのか 相手をサルとみなした悪質な人種差別行為

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   JI横浜マリノスのサポーターが試合中に相手チームの選手に向けて「差別的行為」をおこなった問題で、Jリーグは2014年8月29日、クラブに制裁金500万円とけん責の処分を科した。

   問題となっているサポーターの行為は、選手に向けて果物のバナナを振りかざしたというものだ。

川崎サポが負けてる腹いせで言ってる感じ

   事件は、23日に横浜市のニッパツ三ツ沢球技場でおこなわれたサッカーJ1の横浜M-川崎フロンターレ戦で起きた。この日、横浜マリノスのサポーターが川崎のブラジル人選手に向けて右手でバナナを振りかざした。これがテレビ中継映像に写りこんでおり、ツイッターをはじめとするインターネット上で情報が拡散、「人種差別的だ」とする非難が持ち上がった。

   クラブは公式サイトに謝罪文を掲載し、当該サポーターへの処分を発表。さらに25日に嘉悦社長がJリーグの村井チェアマンに事情説明し、再発防止策を含む今後の対応についてはJリーグと協議のうえ進めることを確認して、29日に処分が下った。

   ネット上では事件について、「人間性を疑います。選手がショック受けてないといいです」「差別問題についてサッカー界がピリピリしてる今、こんなことで迷惑をかけて何がサポーターなのか」と憤る人がいる一方で、「人種差別とか言ってるけどマリサポの人はバナナをただ単に突き出してるだけだし。それを人種差別ってとらえてる川崎サポの方が人種差別でしょ 笑」「選手が映ってるシーンの裏に黄色い棒のような何かを持ってるマリノスサポーターが映り込んでる画像をあげて、川崎サポが『マリノスの人種差別!無観客しろ!』と負けてる腹いせで言ってる感じ。実際はわからん。 もしバナナだとして、君らいつも頭にバナナ付けたりしてるでしょ。差し入れかもよ」と、単にバナナを持っていることの何が問題なのかと独自の主張を展開する人もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中