高級コーヒー「ブルマン」が消えたのはなぜ? 再び飲めるのは3~4年先か

印刷

   高級コーヒーとして、日本人に愛されている「ブルーマウンテン」がしばらく飲めないかもしれない。

   UCC上島珈琲は「ブルーマウンテン」を使うレギュラーコーヒー5種を在庫がなくなりしだい販売を休止することにした。キーコーヒーはすでに2014年8月から順次販売を休止している。コーヒー愛好家にとっては、ガマンを強いられそうだ。

「深刻化したのは3~4月ごろから」

「ブルーマウンテン」は、しばらく飲めそうにない...(写真は、イメージ)
「ブルーマウンテン」は、しばらく飲めそうにない...(写真は、イメージ)

   「ブルーマウンテン」は、ジャマイカ共和国にあるブルーマウンテン山脈の標高1200メートル近くの限られた地域の、過酷な環境で栽培されるコーヒー豆のブランド。厳密な検査によって選別された豆は香りが高く、繊細な味といわれ、輸出の大半が愛好家の多い日本向けという。収穫量は極めて少なく、高価なことでも知られる。

   そんなブルーマウンテンが、町の喫茶店や、自家焙煎のコーヒー専門店や量り売り、スーパーなどの店頭から続々と消えている。

   コーヒーメーカー大手のUCC上島珈琲は、ブルーマウンテンの販売を在庫がなくなりしだい休止すると、2014年9月25日に明らかにした。

   同社は9月1日、仕入れ値の高騰を理由に、ブルーマウンテンを使った家庭用のコーヒーを約4割値上げした。それから、およそ半月。収穫されたブルーマウンテンの生豆を現地機関が精製したところ、規格を満たす品質の豆が少なかったことから、「品質の維持や安定供給がむずかしい」と判断。販売休止に踏み切った。

   UCC上島珈琲は1981年にジャマイカのブルーマウンテンエリアに「UCCブルーマウンテンコーヒー直営農園」を開設し、高品質なコーヒーの安定供給に取り組んできた。「販売休止に至るケースは、めずらしい」と話している。

   キーコーヒーも全国に70か店ある直営ショップで販売している「ブルーマウンテン」ブランドのコーヒーを8月以降、品切れになりしだい休止。「現在、直営ショップに在庫はありません」と話す。

   同社は2013年12月に、全国の直営ショップなどで「珈琲探訪 ブルーマウンテン NO.1 クリフトンマウント農園」を限定発売。100グラム2310円(税込)での販売だったが、スピード完売したという。

   じつはこのとき、すでに町の喫茶店や自家焙煎のコーヒー専門店などではブルーマウンテンの生豆の入荷が止まり、販売休止を余儀なくされる店が相次いでいた。キーコーヒーによると、「深刻になってきたのは、3~4月ごろから」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中