2018年 8月 20日 (月)

牛の生レバー提供で焼き肉店経営者を逮捕 ネットでは賛否両論

印刷

   牛の生レバーを客に出していたとして、京都市東山区の焼き肉店を経営する男(29)ら2人が食品衛生法違反の疑いで京都府警に2014年10月29日に逮捕された。新聞各紙が報じた。

   報道によると、店のメニューに生レバーはなかったが、常連客らに別メニューを見せていたという。この事件では、すでに店舗責任者(28)ら2人が同じ容疑で逮捕されている。なお、牛の生レバーを提供することは12年7月に食品衛生法で禁じられている。

   生レバーの提供で逮捕者が出たことについて、ネット上では、そこまでするのかとの疑問も出ており、賛否両論になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中