在特会桜井会長が会長退任して退会 若者支援して「史上最強のネトウヨ」目指す

印刷

   デモや街宣活動で展開する主張が「ヘイトスピーチ」だと批判を受け、大阪市の橋下徹市長と怒鳴りあいをした「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の桜井誠会長が、2014年11月末の任期満了で退任し、在特会からも退会することを明らかにした。

   今後は活動を「一個人としてやっていく」といい、政治家志望の若手の支援に軸足を移す考え。桜井氏は「政治家になることには全く興味はない」と話すが、技術面を充実させて「『史上最強のネトウヨ』を目指す」と息巻いている。

「組織のトップが変わらないということは、新陳代謝がない組織」

桜井氏率いる在特会の街宣活動には「ヘイトスピーチ」だとの批判も相次いだ
桜井氏率いる在特会の街宣活動には「ヘイトスピーチ」だとの批判も相次いだ

   桜井氏は4期8年にわたって会長を務めたが、14年11月11日に配信した「ニコニコ生放送」の番組で、11月16日に開票予定の次期会長選挙に出馬せず、11月末の任期満了で会長を退任する考えを明らかにした。唯一、立候補している八木康洋副会長が後任の会長に就任する見通し。

   動画での桜井氏は、橋下徹市長と怒鳴りあいをした時とは正反対の穏やかな口調で、時折笑顔を見せながら、

「組織のトップが変わらないということは、新陳代謝がない組織で、いずれは落ちていくだけ」

などと退任の理由を語った。桜井氏は12年の会長選でも八木氏に立候補を打診したが、八木氏は即座に固辞。今回の会長選で初めて立候補を受け入れたという。

   桜井氏は「私の名前が残っていたら(後任が)本当にやりにくいと思う。どう考えてもやりにくい」として、在特会自体も退会する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中