2018年 11月 15日 (木)

帰還困難区域を通るJR常磐線全線復旧 安倍首相が方針を表明

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   安倍晋三首相は2015年3月10日、東日本大震災発生から丸4年が経つのを前に会見し、震災と東京電力福島第1原発事故の影響で不通が続いているJR常磐線について、将来的に全線復旧させる方針を明らかにした。

   また、2020年の東京五輪・パラリンピックについては「何としても復興五輪にしたい」と述べた。

帰還困難地域を通る代行バスは途中駅で降りられない

安倍首相は弔旗を背に会見した
安倍首相は弔旗を背に会見した

   JR常磐線は、相馬(福島県相馬市)~浜吉田(宮城県亘理町)間(22.6キロ~と竜田(福島県楢葉町)~原ノ町(同南相馬市)間(46.0キロ)の2区間で不通が続いており、いずれも代行バスが走っている。相馬~浜吉田間は17年春の運行再開を目指しているが、原発を挟む竜田~原ノ町間は、復旧の見通しが立っていなかった。同区間では15年1月31日になってやっと代行バスの運行が始まったが、帰還困難地域を通るため、富岡、双葉、浪江など8つある途中駅では降りることができない。

   安倍首相は会見で、

「帰還困難区域を通るJR常磐線は、4年を経た今でも再開の見通しが全く立っていなかった。今般、地元の皆さんの強い期待にこたえ、JR常磐線については、浪江~富岡間を含めて将来的に全線で運行を再開させる方針を決定した。今後、順次開通を目指していく」

と述べた。

G7サミット、ラグビーW杯、五輪で復興アピール目指す

   安倍首相は、今後大きく3つのイベントで世界に復興をアピールしたい考えだ。一つが16年に日本がホスト国を務める主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)。開催都市は15年6月にも決まる見通しで、

「力強い復興を世界に向けてしっかりアピールできるよう、引き続き全力をあげて被災地の復興に取り組んで行く」

と話した。2つめが2019年のラグビーW杯で、会場の一つとして岩手県釜石市が選ばれたこを歓迎した。3つめが東京五輪・パラリンピック。国際オリンピック委員会(IOC)に提出した基本計画は被災地支援、復興の発信を盛り込み、「何としても復興五輪にしたい」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中