2019年 12月 12日 (木)

北陸新幹線、開業直後なのに空席ばかり 車内ガラガラ写真のツイッター投稿相次ぐ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「初日だけれど車内はガラガラ」「開業直後とは思えないほどすいてる」――。開業したばかりの北陸新幹線だが、空席が目立つ車内写真が相次いでツイッターに投稿された。

   一方、管轄するJR東・西は両社とも乗客数が大幅に伸びたとデータを発表し、「好評だった」と振り返る。いったいどうしてだろうか。

  • 乗客からは「ガラガラ」報告相次いだが・・・
    乗客からは「ガラガラ」報告相次いだが・・・

「今3人席を1人で座ってる笑」

   東京から金沢を直通する北陸新幹線は、長野新幹線を金沢まで延伸する形で2015年3月14日、開業した。上越妙高を境界に、高崎までをJR東が、金沢までをJR西が管轄する。開業前後は新聞やテレビなどが大きく取り上げ、北陸3県のにぎわいを伝えていた。

   しかしツイッターを見ると、空席ばかりの車内写真を多くの人が投稿している。

「意外にガラガラ、空いてます」
「今3人席を1人で座ってる笑」

と、メディアの盛り上がりとは裏腹な実態が浮き彫りになった。ちょうど講演会で北陸を訪れた前宮崎県知事の東国原英夫さんも、

「僕が見る限りガラガラ。ちょっとびっくり! 多くの人々はどうやら見物客らしい」

と報告。乗車したグリーン車には秘書とほか1人がいただけだったという。あまりの空席は話題を集め、ツイッターで「北陸新幹線」を検索すると、「ガラガラ」「空席」が予測ワードに出てきてしまうほどだ。

   一方、JR東・西が18日、それぞれ発表した開業3日間の速報データでは、景気のいい数字が並ぶ。JR東の高崎~軽井沢間は前年比185%の約4万7900人(1日平均)、JR西の上越妙高~糸魚川間は在来線特急「はくたか・北越」との比較で前年比306%の約8万4000人(3日間合計)が利用したという。

   JR西の真鍋精志社長は18日の会見で、

「前年と比べると同区間で3倍以上の利用があり、3日間の合計では8万4000人に利用いただいた。大変好調なスタートが切れたのではないかと思っています」

と胸を張った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中