2018年 11月 15日 (木)

岩手中2自殺、学校のお粗末さが次々露呈 尾木ママ「よほどおかしい学校です!!」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   おざなりなアンケート調査や引き継ぎの不徹底、教育委員会への未報告。岩手県矢巾町の中学2年、村松亮さんが自殺したとみられる事件で、担任教師だけでなく学校全体の対応のずさんさが次第に明らかになってきた。

   教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹さんはブログなどで「よほどおかしい学校です!!」と同校の対応のまずさを痛烈に批判している。

  • 学校のずさんな対応が目立つ(画像はイメージ)
    学校のずさんな対応が目立つ(画像はイメージ)

教育委への「いじめ報告」はゼロだった

   村松さんがクラスやバスケ部の同級生からいじめを受けていたことは、学校全体としてもっと早く把握できていたはずだった。中学1年だった2014年5月ごろから、「生活記録ノート」には「まるでいじめられるような気分でいやです」「もうげんかいです」と書いて、いじめ被害を当時の担任に訴えていた。また9月には担任やバスケ部顧問、いじめグループのリーダー格の生徒の4人で面談。いじめをしていた生徒を指導したという報道もある。

   しかし村松さんの入学後、この中学から同町教育委員会への「いじめ報告」件数はゼロだった。校長は2015年7月12日に放送された「Mr.サンデー」(フジテレビ系)の取材に「いわゆる定義に照らした時のいじめとは判断しなかった」と釈明していた。

   同番組では、村松さん以外にも同級生からいじめを受けていたという女子生徒を紹介。村松さんのクラスだけでなく、いじめが蔓延していると伝えていたが、この中学ではあくまで「いじめ」とは判断されていなかった。

   また中学1年時のいじめが明らかだったのにもかかわらず、1年の担任から2年の担任にはうまく引き継がれていなかったようだ。15年6月、生活記録ノートに「もう生きることにつかれたような気がします」と書かれていたが、担任からは「どうしたの?テストのことが心配?」など、どこかずれた回答が目立つ。

   6月には生徒へのいじめ調査アンケートが行われ、村松さん自身「からかわれたり、いじめられたりする時がある」と回答していた。しかし、この調査を受ける形での村松さんと担任の個別面談は行われなかった。ほかの生徒が先に行われ、後回しになった村松さんとは結局実施されなかったようだ。

「いじめ対応能力大丈夫でしょうか!?」

   学校の一連のずさんな対応を尾木直樹さんは7月12日のブログで、

「失礼ながらこの中学校 皆さんのいじめ対応能力大丈夫でしょうか!?」

と疑問を投げかける。校内のいじめ対策委員会が機能していなかったことや、情報共有がされていないことなどを挙げ、「よほどおかしい学校です!!」と憤った。

   また12日に出演した「Mr.サンデー」では、14年9月の4者面談で村松さんといじめていた生徒を同席させたこと、いじめていた生徒と2年でも同じクラスにしたことを「原則違反」と厳しく批判した。

   村松さんの父親は7月13日、中学校を訪れ、事件の徹底調査を申し入れた。学校側は校長が謝罪。生徒や教師へのアンケートや聞き取りを月内にまとめる方針だという。父親はこれに先駆けて教育委員会や警察にも相談を行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中