2019年 8月 25日 (日)

ピース又吉の受賞に古舘伊知郎が「皮肉」 ネット上で「バカにしている」と批判強まる

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   お笑い芸人初の芥川賞作家となった「ピース」の又吉直樹さん(35)について、「報道ステーション」(テレビ朝日系)のキャスター、古舘伊知郎さん(60)が「意味深」な発言をし、物議を醸している。

   2015年7月16日の同番組では、数時間前に決まったばかりの第153回芥川賞・直木賞の受賞者を紹介。あわせて、又吉さんの記者会見の模様も一部放送した。

  • 小説「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹さん(2015年6月撮影)
    小説「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹さん(2015年6月撮影)

「僕なんかの年代は『あれ?』って感じもする」

   VTR後、古舘さんは「みんなすごいなぁと思うんですけど」と受賞者たちを称えつつ、「それとは別に、芥川賞と本屋大賞の区分けがだんだんなくなってきた感じがするんですけどね」と語った。

   芥川賞は純文学の新人に与えられる賞で、選考委員はプロの作家陣が務めている。一方の本屋大賞は新刊書の書店員が投票して決める賞で、受賞作は大衆小説が中心。「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本」をキャッチフレーズにしており、大賞は毎回ベストセラーになり、そのほとんどが映画化されている。

   発言から見るに、古舘氏は芥川賞が「大衆化」「商業主義化」してきていると感じているようだ。

   この発言に、サブキャスターの小川彩佳アナウンサー(30)は笑いながら「ちょっと読んでみないと分からないですけれども...」と言うにとどめたが、古舘氏は、

「芥川賞と明らかに状況的にもね。時代が違うっていえばそれまでなんですけれども、僕なんかの年代は『あれ?』って感じもちょっとするんですよね」

とも続け、又吉さんの受賞や芥川賞のあり方に疑問を投げかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中