2018年 8月 21日 (火)

五輪エンブレム、「組織委が使用中止」固める 猪瀬前知事「遅すぎる決断だが、間に合ってよかった」

印刷

   佐野研二郎氏の手がけた2020年東京五輪・パラリンピック公式エンブレムについて、大会組織委員会は2015年9月1日、使用中止の方針を固めた。各社が報じた。同日午後には組織委の森喜朗会長、遠藤利明五輪相、東京都の舛添要一知事、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが出席する臨時会議が開かれ、今後の対応を協議する見通し。

   一方、報道を受け、猪瀬直樹前東京都知事は「(エンブレムの撤回が)間に合ってよかった」と安堵の声をツイッターに寄せている。

  • 猪瀬元都知事「安堵」のツイート(画像は猪瀬氏のツイートより。一部修正)
    猪瀬元都知事「安堵」のツイート(画像は猪瀬氏のツイートより。一部修正)

猪瀬氏「知事復帰」の声高まる?

   五輪公式エンブレムをめぐっては、ベルギー・リエージュの劇場のロゴマークに似ているとして、ロゴを制作したグラフィックデザイナーが国際オリンピック委員会(IOC)に使用差し止めを求める訴えを起こしていた。また、先日公開された原案についてもネットで「盗用」の指摘が相次いでいた。

   1日昼過ぎ、各社が公式エンブレム使用中止が固まったということを報じた後、猪瀬氏は

「エンブレム中止。新国立競技場同様、遅すぎる決断だったが、間に合ってよかった。責任が問われるだろう」

とツイートした。

   公式エンブレムのデザインは、コンペで選ばれた段階から佐野氏が修正を加えたものだ。大会組織委員会は8月28日の記者会見でコンペに提出された原案も公開。しかし、こちらにもネットで「盗用」の指摘が相次ぎ、同日中にマスコミでも一斉報道された。

   猪瀬氏は8月31日のツイートでその原案に触れて、「原案も盗用と判明したとなると、これはもうどうしようもない」と心境を綴り、7月17日に建設計画の「白紙撤回」が発表された新国立競技場とからめながら「やり直して、日本のよいところをあらためて表現しましょうよ。いまならまだ間に合う」とエンブレムの「白紙撤回」も呼びかけていた。

   こうした猪瀬氏のツイートには

「猪瀬さんが知事だったら、よかったのになぁ...」
「猪瀬さんにカムバックほしいです」
「あなたが知事だったらもっとすんなり進んでいた」

と猪瀬氏の知事復帰を求める声も寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中