2018年 12月 15日 (土)

昆布とわかめはすごいんです 食物アレルギーや腸炎の予防にも

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昆布やわかめに含まれている「ラミナリン」という成分が、最近増えている炎症性腸内疾患の発症を抑え、食物アレルギーの予防や治療にも期待できると、2015年8月、東京理科大学と東京大学の共同研究チームが発表した。

   腸内には数百種類、100兆個も細菌がすみ、体の健康に影響を与えている。腸内細菌のバランスが崩れると免疫系が働かなくなり、食物アレルギーを誘発したり、腸の粘膜が炎症を起こしたりする。炎症性腸内疾患は、潰瘍性大腸炎が代表的だが、40年前にはほとんど患者がいなかった病気だ。食生活の西洋化で腸内細菌が乱れるようになり、年間17万人がかかっている。

  • 毎日の食事にとりいれよう
    毎日の食事にとりいれよう

特有の「ねばり」は食物繊維

   研究チームは、マウスの実験で、腸内にある「デグチン1」というタンパク質が炎症を引き起こしていることに着目、昆布やわかめなど海藻類に含まれているラミナリンが、デグチン1の働きを阻害して炎症性腸内疾患を抑制することを突きとめた。

   昆布やわかめの健康効果は、これにとどまらない。あの特有の「ねばり」は食物繊維である。その中でも特に多く含まれているのがアルギン酸。塩分を体外に排出する働きがあるので血圧を下げ、コレステロールを減らしてくれる。セルロースは水を含んで膨らみ、便をやわらかくしたり、腸のぜん動運動を活発化させたりするので便秘解消に効果がある。また、海藻類の中でも最も多くカルシウムを含んでいる。毎日、食卓にのせたい。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中