2019年 1月 21日 (月)

「ほくろが多いと悪性皮膚がんリスク高い」 「定説」に真っ向反論、本当はどっちだ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ほくろの多い人は、悪性黒色腫(メラノーマ)などの皮膚がんになるリスクが高いと一般には考えられてきたが、実は、メラノーマ患者にはほくろが少ない人が多いという研究が発表された。

   米ノースウェル・ヘルス病院の皮膚科医ケイティ・バーリス氏らのチームが、米医師会誌「JAMA皮膚科学」(電子版)の2016年3月2日号に論文を掲載した。とはいえ、ほくろが多い人が安心してもいいとはいかないようだ。

ほくろ状の黒い腫瘍ができるメラノーマの恐怖

   メラノーマは、ほくろ状の黒い腫瘍が皮膚にできるがんで、腫瘍が厚いほど転移性が高く、死亡率が非常に高い悪性がんである。ほくろが大きくなったら危険といわれてきた。

   チームは、メラノーマ患者566人の体のほくろを詳細に調べた。その結果、全体的にほくろのある患者は少なかった。566人のうち約66%はほくろの総数が一般の人より少ない0~20個で、約73%には異常なほくろは全くみられなかった。むしろ、ほくろが50個以上ある患者は、厚さのあるメラノーマの腫瘍がみられるリスクが低かった。

   こうしたことから、バーリス医師は「メラノーマは、ほくろが多い人より、少ない人によくみられることがわかった。ほくろの数だけを頼りにリスク判定を行なってはいけない」とコメントしている。

   これに対して専門家の間では、次のような反論の声が上がっている。

「メラノーマは、ほくろが多いと危険であることは間違いない。ほくろが多い人は若い時から診察を受けるよう推奨されているので、腫瘍の厚さが少ない段階で治療を受けている可能性がある。メラノーマは、ある日突然見つかるケースが多いので、ほくろがあって心配な人は、専門医に定期的に健診を受けるべきだ」
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中