2019年 1月 21日 (月)

ダンスとウォーキング、健康的なのはどっちだ 心臓病予防に「楽しく長く続けられる」がミソ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日本よりダンスが盛んな欧米では、ダンスの健康効果を調べた研究が多いが、ウォーキングと比較した調査が米の医学誌「AJPM」(電子版)の2016年2月25日号に発表された。

   オーストラリア・シドニー大学のチームが、英国の健康な40歳以上の男女4万8390人を対象に、ダンスとウォーキングが心血管疾患の死亡リスクを防ぐ効果を比較した。軍配はダンスの方にあがった。

  • ダンスは楽しいし相手もいる!
    ダンスは楽しいし相手もいる!

ダンスをする人は健康的な生活習慣に気を使う

   研究チームは、参加者全員に「最近4週間以内にダンスをしたか、あるいはウォーキングをしたか」を質問、それぞれの運動量の強さや行なう頻度などを尋ねた。そして聞き取り調査から約7年間追跡を行ない、心血管疾患(心筋梗塞や狭心症、大動脈瘤など)による死亡率を分析した。期間中に1714人が心血管疾患で死亡した。

   その結果、特に何も運動をしない人に比べ、中程度の強さでダンスをしていた人は死亡リスクが46%も低かった。一方、中程度の強さでウォーキングをしていた人の死亡リスクは25%減だった。ダンスの方がウォーキングより健康的だといえるわけだ。

   研究チームでは、「ダンス自体の運動効果のほかに、ダンスをする人は健康的な生活習慣に気を使う人が多いこともあげられます。何よりダンスは楽しみながら長く続けられることが大きいかもしれません」とコメントしている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中