2018年 8月 16日 (木)

生まれてくる我が子にたっぷり栄養を 米国では当たり前の妊婦向けサプリ

印刷

   前回2016年4月30日付の記事で取り上げたコラーゲン。久しぶりに会ったエステティシャンの友だちに、「最近コラーゲン系のサプリを飲み始めたんだけど、いいと思う?」と尋ねたら、「いいよー。私も日本にいた頃飲んでたわ」と言われました。「タンパク質系なので匂いが特殊で飲みづらいんだよね」と彼女。そうそうそうです、独特な匂いとまずさにいまだに慣れません! 美のためと思ってがんばってはいますが、辛いものがあります(笑)。

   その友だちは現在妊婦さんで、妊娠中に飲むサプリメントの話にもなりました。第一子妊娠が10年以上前の私ですが、当時は主治医に「プリネイタル(prenatal)・ビタミン」と、鉄分不足のため「鉄」のサプリを飲むように指示されていました。「えっ、医者がサプリを飲むように指導するの?」と驚いたのはいうまでもありません。米国での私のサプリ歴は、ここから始まったと認識しています。

  • 高熱を通さず、人工香料や甘味も使わない「ローフード」の概念に基づいてつくられたサプリ
    高熱を通さず、人工香料や甘味も使わない「ローフード」の概念に基づいてつくられたサプリ
  • ビタミンDは1000IU以上入っています
    ビタミンDは1000IU以上入っています

主な成分はビタミンCとD、鉄分、カルシウム

   プリネイタル・ビタミンは、妊婦向けのマルチビタミンサプリです。いつも以上に栄養が必要な妊婦とお腹の中の子が、必要な栄養を十分とれるように作られています。主な成分はビタミンCとD、鉄分、カルシウムです。看護師の友だちによると、いろいろな種類のプリネイタル・ビタミンが売られているので、きちんと中身を確かめるようにとのこと。特に気をつけるべき中身とは、着色料です。私の場合、一人目の子を妊娠して最初の頃は医者から処方されたものを飲んでいましたが、しばらくしてから「オーガニックスーパーで売られているサプリであれば、どれでも大丈夫」と医師に言われ、市販のプリネイタル・ビタミンに切り替えました。しかし、中身まではチェックしていませんでした。成分もさることながら、着色料の有無の確認が大事なのですね。

   プリネイタル・ビタミンで大事な栄養素の一つはビタミンD。以前このコラムで取り上げましたが、ビタミンDが不足すると不妊につながる恐れがあると考えられています。不妊治療中やなかなか妊娠しない人も、ビタミンDを積極的にとるのが好ましいそう。米国では、日常よく飲んだり食べたりするものに必要な栄養分を加えた食品が結構あり、例えばビタミンD が加えられた牛乳も売られています。なかなか妊娠しない人は、ビタミンDが多く入ったプリネイタル・ビタミンを飲むのが望ましいようです。前述の看護師の友だちいわく、「ビタミンDの数値が悪くない人でも体のメンテナンスのため、1日1000IU以上とるべきよ(注・IUはビタミンの単位)」。私が妊婦だった10年前は医者からプリネイタル・ビタミンが含むビタミンDの数値に関してあれこれ言われることはなかったのですが、今は当時と比べて医学も進化しているのでしょうね。

   他に胎児の順調な成長に欠かせないとされ、医師から積極的に摂取するようにいわれるサプリに葉酸(Folic Acid)があります。葉酸は赤ちゃんの脳と脊髄の成長に大切です。

   私は妊娠する前に、不妊治療中だった友だちから、「妊娠したいと思ったら、妊娠する前からプリネイタル・ビタミンと葉酸をとって体調を整えておくべき」とアドバイスされていたのですが、それは好ましいことだったと前述の看護師の友だちからも言われました。

中身の成分を確認、ビタミンDの含有量は...

   このプリネイタル・ビタミン、米国では広く認知され、当然のように受け入れられています。オーガニックスーパーのサプリコーナーにある、女性向けのサプリの棚に行くと、いろいろなブランドから出ている多種多様なプリネイタル・ビタミンが並んでいます。さて、どれを買いましょう? お店の人にお勧めを聞いたら、1日1錠だけ飲むタイプでした。30錠入りで、約12ドル(約1300円)。うーん、でもビタミンD含有量が低いのが気になる。それならば主治医に相談すべきなんでしょうね。あるいは本当に必要な場合は、冒頭のエステティシャンの友人のようにプリネイタル・ビタミンに加え、ビタミンDを飲むように医師に指示されるでしょうしね。

   個人的に気になるのは、1錠の大きさです。他のビタミンサプリ同様、一つのサイズが大きく、妊娠中でただでさえつわりがつらくて大変なのに、服用するのに一苦労した覚えがあります。今はグミタイプが出ているので、お手軽でいいですね!

   日本でもプリネイタル・ビタミンはオンラインで買えるようですが、一般的にどれほど熟知されているかはわかりません。ただ、妊娠中に服用しているとつわりがひどくなる人もいるらしいので、やはり医者に相談してから飲むのが理想でしょう。


●筆者プロフィル

北雨利香。南カリフォルニア在住。2児の母。40歳をこえた途端に、定期健康診断で毎回のようにひっかかり、医者にサプリを飲むよう指導される。興味のあることは美容、健康、子供の教育、米国プロスポーツ、米国大統領選挙、ハリウッドゴシップ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中