2018年 12月 17日 (月)

遠近両用メガネは転びやすい 外出時は「普通のメガネ」が絶対安全

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   高齢者がよく使っている遠近両用の2焦点や、境目がなくどこにでも焦点が合う累進多焦点レンズのメガネは、足元の視界がぼやけて転倒やつまずきの危険性が非常に高いことがわかった。

   オーストラリア・クイーンズランド工科大学のチームが、眼科と検眼の専門誌「Optometry and Vision Science」の2016年6月号に発表した。

  • 足元に注意
    足元に注意

「遠近両用」は階段で足元がぼやけて危険

   研究では、平均年齢72歳の高齢男女19人の協力を得て、焦点が1つの「普通のメガネ」と2焦点や累進多焦点の「遠近両用メガネ」をかけた状態で、階段や段差、狭い通路やクネクネと曲がった道路など、様々なコースを歩いてもらい、正確で安全な歩行動作ができたかどうかを比較した。

   その結果、両方のメガネとも転倒するなどの事故は起こらなかったが、「遠近両用メガネ」をかけた場合は、コースから外れそうになったり、階段や段差の上り下りなどで足を滑らせそうになったり、つまずきそうになったり、スムーズに歩くことができない場面が多かった。特に危険が増したのは、高齢者が足を踏み出す場所より、前方を見ている時だった。「遠近両用メガネ」は焦点の中心から外れる周囲の部分がぼやけるので、足元が見づらいのである。

   同大学のアレックス・ブラック教授は「今回の研究は、高齢者が足元をよく見る必要があること、普段から足元の注視トレーニングを積んでいるとよいことを改めて教えてくれました。よく外に出る活動的な高齢者は、焦点が1つのレンズのメガネをかけるべきです。階段や段差があるなど、正確な足さばきが必要な場所では、多焦点レンズのメガネは転倒リスクが非常に高くなります」と語っている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中