2018年 10月 21日 (日)

マウスiPSとESで視神経細胞を作製 「失明原因1位」緑内障の治療法開発に期待

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   国立成育医療研究センターの研究チームは2016年6月28日、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)から、ヒトと同じ視神経細胞を作製することに成功したと発表した。目の疾患の病態研究・治療法開発が期待されるという。

   視神経は目と脳をつなぎ、視覚情報を網膜から脳へ伝達する。視神経に異常が生じると、重篤な視力障害が起きる。

   視神経は中枢神経のため、ヒトからは取り出せない。動物からも十分に採取できる方法がなかった。そのため、視神経疾患の研究はあまり進んでいなかった。今回、マウスのiPS、ES細胞から視神経細胞を作製できたことで、治療法や創薬の研究の進展が見込まれている。

   特に、緑内障の治療法開発が期待されている。緑内障は40歳以上の日本人の5%が罹患(りかん)し、治療中の患者が30万人、潜在患者は400万人と多く、日本人の失明原因で1位の25%を占める。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...