2019年 1月 21日 (月)

子どもの集中力を高める勉強部屋 内装の色は真っ赤と淡い青どっち?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   子どもの勉強部屋は落ち着いた配色を...と考えるのが普通だが、刺激的な赤や黄色な色で内装を施すと、集中して学習効果があがることがわかった。

   オーストラリアのカーティン大学のチームが研究をまとめ、医学誌「メディカル・イクスプレス」(電子版)の2016年6月20日号に発表した。

  • 赤色は脳を興奮状態にする
    赤色は脳を興奮状態にする

実験前は「淡い色の方がリラックスできる」と言っていた

   研究チームは、勉強部屋の内装の色が学習効果に与える影響を調べるため、学生たちに6種類の色の部屋で順番に試験を受けさせ、成績を比較した。「鮮やかな赤色」「鮮やかな黄色」「濃いブルー」「淡いブルー」「濃いグリーン」「淡いグリーン」の6つだ。試験は大学入試の国語の読解力問題を使った。

   事前に学生たちに部屋の印象を尋ねると、ほとんどの学生が「淡い色の方がリラックスできる」と語り、特に「鮮やかな赤色」については、3分の2の学生が「落ち着かないので嫌だ」と回答していた。

   ところが、実際に各部屋で試験を受けさせると、「鮮やかな赤色」と「鮮やかな黄色」の部屋の成績が一番良かった。「嫌だ」と言いながらも、赤色や黄色の部屋の方が集中して試験に取り組むことができたわけだ。

赤色や黄色は心拍数を高め、脳を刺激する

   研究チームのアシール・アルアシュ博士は「学生たちは、淡い色の方が落ち着くので学習環境にふさわしいと言っていましたが、少し落ち着かないくらいの方が集中力は高まるようです。赤色と黄色の部屋の成績が良かったのは、鮮やかな色によって神経が刺激され覚せいしたと考えられます。勉強を退屈と感じる子どもであればなおのこと、部屋を赤色にして、頭を刺激すべきでしょう」と語っている。

   過去の研究でも、リラックス効果がある青色や緑色に比べ、赤色や黄色は神経系統を刺激し、血圧や心拍数を高め、脳を興奮状態にすることがわかっている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中