2018年 10月 16日 (火)

関東で「震度4」が連続3回 「そのうち大きいのが...」ネットに不安相次ぐ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ここ4日ほどで、茨城県や千葉県が震源の最大震度4規模の地震が3回も起きている。都心でも揺れが観測されたこともあって関心が高く、グーグルの検索回数は急上昇、ツイッター上で不安を訴える声が相次いだ。

   元々、今回の震源のあたりは地震が起きやすい地域で、過去には2か月強の間に震度4以上の地震が9回も起こったことがある。

  • 最大震度4の地震が4日間に3回も起きている(図は気象庁ウェブサイトから)
    最大震度4の地震が4日間に3回も起きている(図は気象庁ウェブサイトから)

茨城県や千葉県を震源にM5クラスが

   3連休の真ん中にあたる7月17日13時24分頃、茨城県南部を震源にマグニチュード5.0の地震を観測。笠間市や下妻市で震度4を観測した。丸2日後の19日12時57分頃、千葉県東方沖を震源とするM5.2の地震が発生。千葉県一宮町、長南町、いすみ市で震度4を記録した。それからさらに半日が経った20日7時25分頃には茨城県南部が震源のM5.0の地震が発生。茨城県水戸市や笠間市、土浦市で震度4を観測した。いずれも震源の深さは30~50キロだ。

   3つの地震では千代田区大手町でも震度3を観測しており、都心の多くの人が揺れを感じている。17日と19日にはグーグルの「急上昇ワード」の1位に「地震」という単語が登場し、それぞれの日で「地震」という単語が20万回以上検索された。ツイッターには

「最近全然無かったのに、ここ数日大きめ地震連続なのは嫌ですねー」
「早く地震保険入ろ」
「そのうち大きいのが来るような連続地震」

といった声が相次いだ。

プレート間の境界が動いた?

   もっとも、事実誤認が重なって不安が拡大している面もあるようで、実際には18日には震度3以上の地震は観測されていないにもかかわらず、

「てか三日連続ぐらいで そこそこな震度の地震おこってる」
「3日連続地震とかそろそろでかいのきそうやな...」

など、「4日に3回」を「3日連続」という印象で受け止めている人が多い。

   震源周辺の地域は、陸側のプレートの下にフィリピンプレートが沈み込んでいると考えられている。そのため、プレート間の境界が動いたことで地震が発生している可能性もある。最近では5月16日夜には茨城県南部を震源に、M5.5の地震が発生。茨城県小美玉市で震度5弱、水戸市などで震度4を観測したばかりだ。

   それ以外にも、この地域ではたびたびM5級の地震が連続して起きている。2013年11月~14年1月にかけては、茨城県、千葉県が震源のM5級で、最大震度4の地震が9回も起きている。12年秋にも、9月14日、10月12日、17日、24日に千葉県と茨城県で最大震度4の地震が起きている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...