2019年 1月 21日 (月)

薬が効かない耐性菌を無力にする 千葉大が世界初開発、新薬に期待

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   薬が効かない薬剤耐性菌の拡大が世界的な脅威になっているが、千葉大学の研究チームが重い肺感染症を引き起こす病原菌の薬剤耐性メカニズムを無効にすることに世界で初めて成功した。

   研究成果は英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)の2016年12月9日号に発表された。耐性菌を無力化する新薬が期待できるという。

  • 耐性菌を無力化する新薬に期待(写真はイメージ)
    耐性菌を無力化する新薬に期待(写真はイメージ)

悪玉タンパク質を増やす遺伝子を破壊

   千葉大学が12月9日に発表した資料によると、薬剤耐性を無効にしたのは「アスペルギルス・フミガタス」という病原菌。肺感染症を引き起こし、治療が遅れると命にかかわる。欧州を発端に日本でも2013年から見つかり、問題になっている。治療にはアゾール薬という抗真菌薬が使われていたが、効かない菌が増えた。

   そこで、研究チームはアゾール薬が効かない菌を詳しく調べると、アゾール薬が標的にする病気のもとになるタンパク質が異常に多いことがわかった。このため、タンパク質を増やす因子の遺伝子を破壊すると、アゾール薬の効力が8~64倍増加した。これだけ効力が高くなると、本来の治療薬としての効果が期待できるという。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中