2018年 12月 12日 (水)

肝臓がんになりやすい遺伝子が判明 自分のタイプを知り早期発見可能に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   治療薬で肝臓がんの原因であるC型肝炎ウイルスを体内から取り除いた後でも肝臓がんになる人がいる。名古屋市立大学と東京大学の合同チームが、がんになりやすい人の遺伝子型を突き止め、米科学誌「Gastroenterology」(電子版)の2017年2月3日号に発表した。

   肝臓がんになりやすいタイプがわかれば、医師も本人も注意深く経過を見守ることで、がんの早期発見、治療につなげられるという。

  • 新しい治療法の開発に期待(写真はイメージ)
    新しい治療法の開発に期待(写真はイメージ)

C型肝炎の治療法は劇的に進歩、90%が治る

   C型肝炎ウイルスの感染者は国内に100万~150万人いるといわれ、肝臓がんの原因の約7割をC型肝炎が占める。名古屋市立大学と東京大学の発表資料によると、近年、C型肝炎の治療法は劇的に進歩し、抗ウイルス薬の組み合わせによって治癒率が90%を超えた。大半の感染者は体内からウイルスを排除できるようになったが、排除後も肝臓がんになる人が数%おり、なりやすい人を見分けるのが課題となっている。

   研究チームは、治療薬によってウイルスを排除できた計943人の血液などを全国44病院から集め、遺伝子解析をした。その結果、「TLL1」(トロイド様遺伝子1)という遺伝子が、肝臓がんの発生にかかわっていることがわかった。その遺伝子の型の違いによって、がんになるリスクの差が約2倍あった。

   研究チームは発表資料の中で「TLL1の遺伝子型を測定することによって、肝臓がんのリスクの高い患者を絞り込むことができます。また、B型肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎、糖尿病などを原因とする肝臓がん全体の発がんのメカニズムの解明と新しい治療法の開発も期待できます」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中