2018年 6月 24日 (日)

衝撃! 太ると「精子力」が弱くなる 脂肪が精子を温め過ぎてダメージに

印刷

   女性の太りすぎは卵巣がダメージを受け妊娠しにくいことが知られているが、男性の肥満も「精子力」が落ちて子宝に差し障りがありそうなことがわかった。

   インドの不妊治療専門施設、クリシュナIVFクリニック生殖支援センターの研究チームが男性生殖学専門誌「Andrologia」(電子版)の2017年9月19日号に発表した。

  • その食べすぎが子作りに悪いかも(写真はイメージです)
    その食べすぎが子作りに悪いかも(写真はイメージです)

「量」「数」「濃度」「スピード」の4冠がダメに

   同誌の論文要旨によると、同センターのゴットームカラ・ラマラジャ医師らの研究チームは、不妊治療のために同センターを受診した男性1285人の精液と精子を分析した。コンピューターによる精子の画像解析の結果、BMI(体格指数)30以上の肥満の男性の精液・精子は、そうでない人の比べ、「精液の量」「精子の数」「精子の濃度」「精子の運動性」(卵子に向かって動くスピードなど)の44つの面で能力が低いことがわかった。さらに、精子の頭部が洋ナシのように先細りになるなど、形態の面でも異常が多くみられたという。

   「BMI30」といえば、身長が170センチとした場合、標準体重が63.6キロなのに対し、86.7キロに相当する。かなりのオデブさんになる。

   ラマラジャ医師は論文のなかでこう語っている。

「肥満の女性が妊娠するまでに時間がかかることが知られていますが、今回の研究は、肥満男性もまた受胎の遅れの原因であることを証明しています。ただし、男性の肥満が精子の質を低下させていることは確認できましたが、その理由については、コンピューターによる精子の分析が始まったばかりでよくわかっていません」

   ラマラジャ医師は、理由の説明を避けたが、実は「肥満体型が精子の質を悪化させる」という同様の研究結果が英国でも発表されている。

オトコ力のアップにふんどしフンドシがベストの理由

   英国アバディーン大学不妊治療センターの研究チームが、2008年7月9日にスペイン・バルセロナで開かれた欧州生殖・妊娠学会で発表した。

   それによると、同センターに治療に訪れた男性2037人の精液と精子を、BMIに従って肥満度別に分析した。やせ型から肥満型まで4つのグループに分けて調べた結果、BMI20~25の標準体重の人の精液が、もっとも量が多く、正常な精子を持っていることがわかった。そして、BMIが高い人ほど、正常な精子の数や精液量が減り、精子のDNAに異常が起こっている頻度が高くなったという。

   研究チームのリーダーのチェイス・シェイブ博士は、その理由についてこう報告した。

「肥満男性の精子の質が低下する理由は、精巣の周囲に脂肪が多いために、精巣が温められ精子の温度が高くなることが考えられます。また、肥満によってホルモンの分泌が乱れることも影響しているでしょう」

   そういえば、男性不妊問題の専門家、岡田弘・獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授も著書『男を維持する「精子力」』の中でこう書いている(要約抜粋)。

「なぜ睾丸は、風に吹かれてではないが、無防備にブラブラと下がっているのか。それには理由がある。良い精子を作るために涼しくする必要があるからだ。日本人の平均体温は37度前後だが、男の股間は35度が理想である。わずか2度上がるだけで精子形成は悪化する。だから、男の下着は股間に熱がこもるブリーフのような密着したものより、ヒラヒラのトランクスがオススメである。もっと良いのは通気性に優れたフンドシである」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中