日産のプレゼンは謝罪で始まった 東京モーターショーで「NISSAN IMx」お披露目

印刷

   2017年10月25日に報道陣向けに公開された「第45回東京モーターショー2017」では、トヨタ、ホンダなどをはじめとした自動車メーカー各社のプレゼンテーションが行われた。

   車両の完成検査の不正に揺れる日産自動車のプレゼンテーションは、冒頭に謝罪を行う異例のスタートとなった。

  • 冒頭、一連の問題について謝罪をするダニエレ・スキラッチ副社長(2017年10月25日撮影)
    冒頭、一連の問題について謝罪をするダニエレ・スキラッチ副社長(2017年10月25日撮影)
  • プレゼンテーションを行うスキラッチ副社長(2017年10月25日撮影)
    プレゼンテーションを行うスキラッチ副社長(2017年10月25日撮影)
  • 新たに公開された「NISSAN IMx」(2017年10月25日撮影)
    新たに公開された「NISSAN IMx」(2017年10月25日撮影)

当日も追加のリコールを発表

   25日の10時45分から始まった日産自動車による報道陣向けのプレゼンテーションでは、同社のダニエレ・スキラッチ副社長が壇上に上がった。

   プレゼンテーションは、完成検査工程に関わる一連の不正について謝罪するという異例のスタート。黒い背景に白い文字でスキラッチ副社長の肩書と名前が大きく記されるだけというシンプルな画面を背に、「この場を借りて心からおわびしたい」などと陳謝し、深々と3秒ほどお辞儀をした。

   日産自動車は17年9月29日のプレスリリースで、車両完成検査工程の一部項目において、同社の規定で任命を受けた検査員が検査を実施していなかったことを明らかにし、在庫車の登録手続きを一時停止した。

   その後、再点検の実施などを発表し、10月6日には計約115万台についてリコールを行うなどしたが、10月19日には社内調査で不正が継続していたことが判明、対応に追われている中で東京モーターショー当日を迎えていた。当日の25日にも、同様の問題による約3万8000台のリコールを追加で発表していた。

謝罪後は力強いスピーチ フォーミュラE参戦も発表

   その後、コンセプトカーなどに関するプレゼンテーションに入ると、スキラッチ副社長は一転して力強くスピーチ。100%電気自動車(EV)のコンセプトカーである「NISSAN IMx」が世界初公開となった。完全自動運転の機能を搭載し、EVでありながらも320kWを発生させるなど力強く滑らかな走りを実現し、一回の充電で600km以上の走行が可能になったとしている。

   加えて、日産自動車は2018年~2019年シーズン(第5シーズン)から、電気自動車のフォーミュラカーレースである「FIA フォーミュラE選手権」に参戦することなども発表した。

   「第45回東京モーターショー2017」は、17年10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで一般公開される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中