2018年 12月 19日 (水)

転移が怖い前立腺がん細胞の増殖を阻止 北海道大がスイッチ役のタンパク質発見

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   中高年男性に前立腺がんが急増しているが、北海道大学が前立腺がん細胞の増殖のスイッチ役となるタンパク質の発見に成功した。このタンパク質をターゲットにした薬を開発すると、転移が恐ろしい前立腺がんの治療薬の開発につながるという。

   研究成果は国際生物学誌「The Journal of Biological Chemistry」(電子版)の2017年10月5日号に発表された。

  • 前立腺がん細胞の増殖の仕組み(北海道大学の発表資料より)
    前立腺がん細胞の増殖の仕組み(北海道大学の発表資料より)

自覚症状が出た時は骨やリンパ節に転移している場合が

   北海道大学の発表資料によると、前立腺がんは50歳代から急速に増え始める。加齢による男性ホルモンのバランスの崩れや、生活習慣の乱れなどが原因で発症するとみられる。近い将来、男性のがん死亡の1位となることが予想されている。初期には自覚症状がほとんどない。がんが膀胱や尿道を圧迫、排尿が難しくなる自覚症状が出て発見される場合が多いが、かなり進行して骨やリンパ節に転移し、悪性化しているケースが少なくない。

   今回、研究チームは、前立腺がん患者の細胞を分析した結果、「STAP-2」と「EGFR」という2つのタンパク質が結びつくと、がん細胞増殖のスイッチの役割を果たすことを突きとめた。研究チームの松田正教授らは発表資料の中で「マウスの実験で、このSTAP-2とEGFRの結合を阻止すれば、がん細胞の増殖を抑えられることがわかりました。2つのタンパク質を標的とした治療薬を開発すれば、既存の抗がん薬との併用により前立腺がん治療の有力な武器になりえると考えます」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中