2018年 5月 25日 (金)

37度は微熱じゃなかった! ダイエット、美肌、風邪予防に一番いい体温

印刷

【世界一受けたい授業】(日本テレビ系)2017年11月4日放送
「長寿・美肌・ダイエットの秘訣は体温1℃アップ この冬、体温を上げる4つの習慣」

   体温が37度あったら、多くの人が「微熱だ」と思うだろうが、実は37度は人間にとって一番いい体温だ。食べ物の消化や運動、呼吸、免疫機能に重要な役割を果たす酵素が、最も効率よく働くのが37度なのだ。

   しかし、平熱は36度台という人がほとんどではないだろうか。番組では、東京有明医療大学の川嶋朗教授が、体温を上げる習慣を紹介した。

二度寝が体温を下げる

   体温が下がると酵素の働きが鈍くなり、新陳代謝が落ちダイエットや美肌に悪影響を及ぼす。また、体温が1度下がるだけで免疫機能が30%低下し、風邪を引きやすくなる。35度台まで下がるとがん細胞の働きが活発化し、寿命を縮める要因となりうる。

   しかし近年、日本人の体温は低下する一方だ。1957年の成人の平均体温は36.89度だったが、2013年のある統計では36.21度だった。

   原因はストレスとみられる。長時間ストレスがかかると血管が収縮し続け、体温が下がってしまうのだ。

   体温を上げるためには、長時間の二度寝はNGだ。人間は目覚めに向かって自律神経が切り替わりゆっくり体温が上がるが、一度目覚めたのに長時間二度寝すると、自律神経が元に戻り体温が上がりにくくなる。朝に光を浴びると自律神経のサイクルが整うので、起きたらすぐにカーテンを開けよう。

   朝シャワーを浴びるのも効果的で、特に腰に当てるとよい。尻の割れ目の上にある「仙骨(せんこつ)」には、内臓の血流をコントロールする神経が通っていて、体温の上下に大きくかかわる。1分間シャワーを当て、徐々に体温を上げていくとよい。

   風邪の引き始めにはお風呂に入った方がよい。入浴で体温が上がると酵素が活発に働き、免疫機能が高まるほか、体内の病原菌を撃退するリンパ球が増加し、治りを早める効果が期待できる。38~40度のお湯で、最低10分全身浴するのがオススメだ。

羽毛布団の下に毛布はNG

   朝食に生野菜を食べるのは避けるべし。生野菜は水分が多く、体を冷やしてしまう。体温を上げるにはタンパク質を摂(と)るのが大事で、納豆ご飯なら血流改善も期待できる。

   鍋料理を食べる際は、片栗粉でとろみをつけるとよい。ただのだし汁より保温性が高くなり、熱を持ったまま胃に入るので長く体を温める。カレー、キムチ、トウガラシは体を温める食材だが、辛すぎると汗をかいて逆に体が冷えるので、使いすぎないよう注意したい。

   寒い日の上着に羽毛のダウンジャケットを選ぶ人も多いだろうが、インナーは薄着にした方が体温が上がる。

   羽毛が暖かく感じるのは、体温で温まった羽毛が膨張して周りに暖かい空気の層ができるためだ。厚着すると、衣服の分だけ空気の層が薄くなり、暖かい空気がたまりにくくなる。

   羽毛布団を使う際は、上に毛布をかけよう。体に毛布をかけてから羽毛布団を重ねると、体温が毛布に遮断されて暖かい空気の層が作れず保温性が落ちる。

   効果的に体温を上げる運動が「上向きスキップ」だ。顔を上向きにし、ももを高く上げてスキップするだけ。ふくらはぎの筋肉はポンプの役割をしていて、動かすと血流がよくなり体温が上がる。さらに上を向くと気道が確保され、呼吸がゆっくり長くなりリラックスでき、血管が開いてより血流が改善する。1日10回、朝食前に行うのがオススメだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中