善玉でも悪玉でもない「極悪玉コレステロール」が存在! 正常値でも動脈硬化の危険

印刷

【ガッテン!】(NHK総合)2017年11月15日放送
「コレステロールの新常識SP 一番注意すべきはコレだ!」

   健康診断の結果で、多くの人が最も気にする項目の一つが「コレステロール」だろう。数値が高いと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高くなる。

   正常の範囲内なら安心...と思いきや、心筋梗塞を発症した人の49%が、LDL(悪玉)コレステロールが正常値だったというデータがある。健康診断の項目にはないが、最も気を付けなければならない、善玉でも悪玉でもない「第3のコレステロール」が存在するのだ。

白血球がどんどん死ぬ

   そもそもコレステロールとは、細胞の中にあり、細胞膜を作る材料となる。

   コレステロールは次第に古くなり、古くなったコレステロールは回収される。これが善玉(HDL)コレステロールだ。新鮮なコレステロールが細胞に運ばれるが、コレステロールが多すぎると、余ったものが血液中に捨てられる。こちらが悪玉(LDL)コレステロールだ。

   体内を掃除する白血球の一種「マクロファージ」は、血管中のコレステロールを取り込むが、取り込みすぎると死んでしまう。マクロファージの死がいが血管の壁を圧迫し、血管が細くなると、動脈硬化や「プラーク」というこぶができた状態になる。

   健康診断の結果には、「HDLコレステロール」「LDLコレステロール」「総コレステロール」の項目があるが、実はHDLとLDLの数値を足しても、総コレステロールの数値には足りない。

   善玉でも悪玉でもないコレステロールの正体は長い間明らかにされていなかったが、群馬大学医学部の中嶋克行研究員が、血液中からそのコレステロールを抽出するのに成功。「レムナント(残り物)コレステロール」と名付けられた。

   マクロファージは、悪玉コレステロールよりレムナントコレステロールを4倍多く取り込む。どんどん取り込んでどんどん死に、動脈硬化に近付いていく。レムナントコレステロールは「極悪玉コレステロール」ともいえる。

「極悪玉」の数値はどうしたらわかる?

   悪玉コレステロールとレムナントコレステロールを合わせた「総悪玉コレステロール」の数値は、総コレステロールからHDLコレステロールを引くだけ。150以上でやや危険、170以上で危険だ。結果に総コレステロールの記載がない場合は、LDLコレステロールの数値に30を足すと「総悪玉」の目安となる。HDLやLDLの数値が正常でも、「総悪玉」は危険な場合もあるので、是非計算してみて。

   大阪大学医学部の増田大作特任助教によると、レムナントコレステロールの数値を正しく測定するには時間とコストがかかり、健康診断では測りにくいため、これまで項目になかった。

   しかし日本動脈硬化学会の最新のガイドラインには、「総悪玉コレステロール」を「non-HDLコレステロール」として、「LDL-C(悪玉コレステロールの数値)よりも動脈硬化性疾患の発症予測能が優れている」との記載がある。総コレステロールからHDLコレステロールを引いた数値でリスクが評価できるようになり、今後多くの団体で健康診断の結果への記載が期待される。

   「総悪玉」を減らすための対策として、食べ過ぎないよう心がけよう。特に肉などに含まれる飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増やすので、数値が高めの人は必要以上に肉を食べないように。食物繊維はコレステロールの吸収を抑えるので、大豆類や野菜を積極的に摂(と)ろう。

   食事に是非取り入れたいのが魚だ。特にサバやイワシなどの青魚に含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」は、「総悪玉」の数値を下げる効果がある。加熱すると減ってしまうので、刺身で食べるのがベストだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中