ヘルシーオイルはどれが一番健康的か? 専門家がオススメ、4つの油の使い方

印刷

【グッド!モーニング まとめるパネル】(テレビ朝日)2017年11月24日放送 ヘルシーオイルの選び方と使い方

   「亜麻仁(あまに)油」「エゴマ油」「落花生油」「クルミ油」「アボガド油」「アーモンド油」......。最近、病気予防や美肌効果をうたう「ヘルシーオイル」(食用油)が多く出回るようになった。「いったいどこが違うの?」「どう使えばいいの?」と迷う人が多い。

   番組では2人の専門家から話を聞き、国産と外国産、それぞれオススメのヘルシーオイルと使い方を紹介する。

   麻布大学の守口徹教授(食品生命科学)によると、食用油は次の2つに大きく分かれ、それぞれ特徴がある。

(1)飽和脂肪酸(動物性)=バター、牛脂、豚脂(ラード)など。体内で生成することができる。主にエネルギー源になるため、体に必要だが、摂りすぎると悪玉コレステロールを増やしてしまう。
(2)不飽和脂肪酸(植物性)=オリーブ油、亜麻仁油、菜種油、エゴマ油など。体内で生成することができない。主に細胞や組織を作る働きがあり、悪玉コレステロールを減らす効果がある。
守口教授「ヘルシーオイルというのは、(2)の不飽和脂肪酸のことを言います。こちらは体内で作ることができないため、不足がちになります。意識して積極的にとることが大事です」
  • 食用油はいろいろあるが…
    食用油はいろいろあるが…

国産オイルでオススメは「亜麻仁油」と「米油」

   守口教授が国産のヘルシーオイルの中で、特に推奨するのが「亜麻仁油」だ。北海道で採れる亜麻という植物の種子を絞って抽出した。α-リノレン酸がたっぷり含まれている。α-リノレン酸は体の中で、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)に変わる。DHAとEPAは悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ効果がある。また、EPAは新しい細胞を作る働きを助けるため、美肌効果が期待できるという。

守口教授「ただし、α-リノレン酸は熱に弱いので、加熱する料理には使わず、ドレッシング代わりに振りかけたり、パンにつけて食べたりする摂り方がオススメです」
松尾由美子キャスター「私も毎日食べていますよ。みそ汁にふりかけています。無味無臭なので、何にも合います。コーヒーに入れて飲んでいる人もいますよ」

   もう1つ守口教授が勧めたのが「米油」だ。米ぬかから抽出した油だ。抗酸化力が非常に高いビタミンEをたっぷり含んでいるため、老化予防に効果があり、シワ・シミ・たるみの予防も期待できるという。また、米ぬかにだけ含まれているガンマ・オリザノールという成分が豊富だ。ガンマ・オリザノールは女性ホルモンに似た働きがあり、更年期障害の改善効果が期待できる。

   米油は熱に強いため、炒め物や揚げ物など、さまざまな料理に活用できる。

守口教授「サラダ油の代わりに米油を使って料理すると、健康にいいと思います」

海外産では「アルガンオイル」と「マカダミアナッツ油」

   油研究の第一人者の慶応大学の井上浩義教授が、海外産の油の中でイチオシしたのが、最近人気急上昇の「アルガンオイル」。モロッコが原産のアルガンという植物の実を絞った油だ。ビタミンEやリノール酸、それにサポニンという肌のうるおいを助ける成分が豊富に含まれている。

井上教授「味がしっかりしているため、パンにつけると美味しいし、美容液のように肌に直接塗るという使い方もできます」

   コメンテーターの一色清さんがパンにつけて食べた。

一色さん「ゴマをぎゅっと絞ったような香りで、けっこういけます」

   松尾キャスターが肌に塗ってみた。

松尾キャスター「サラッとして、よく広がります」

   井上教授が次に勧めたのは「マカダミアナッツ油」だ。オーストラリアやハワイ原産のマカダミアナッツを絞った油だ。「トリプトファン」という成分をたっぷり含んでいる。トリプトファンは「癒しホルモン」と呼ばれるセロトニンを分泌させる働きがあり、リラックスや安眠効果が期待できる。熱にも強く、いろいろな料理に使える。

井上教授「肌にもいい成分をたくさん含んでいるので、これも直接肌に塗るといいですよ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中