2018年 10月 23日 (火)

「試してみたい...けど踏み出せない」 ビットコイン初心者にDMM Bitcoinがオススメな理由

印刷

   今や毎日のように「値上がった・値下がった」「どこどこの企業が決済に導入する」とメディアを賑わせる「仮想通貨」。2017年は一気に知名度やプレーヤーが増し、「仮想通貨元年」と言われた。

   投資経験のない人々にも知られつつあるが、インターネット上では「何となく気になるけど...」と思いながら、「手を出すのは不安だし、知識もないし、乗り遅れたし」とモヤモヤしたり、「お金持ちしかできないんだろう」などと思ったりする節があるようだ。だが実際は、数千円の少額から取引を始められ、初心者が扱いやすい補助ツールを提供してくれるアプリもある。

月間取引額が1年で27倍に

   国内の主要な仮想通貨データを収集するウェブサイト「Bitcoin日本語情報サイト」によれば、仮想通貨の国内での月間取引高は、2016年12月に約2165億円だったのに対し、1年後の2017年12月には5兆8247億円と、約27倍増加した。

   メディアの関心も上昇している。新聞・雑誌などの記事を蓄積する「日経テレコン」で「仮想通貨」のワードが使われた報道を検索すると、2016年は年間1654件だったのに対し、2017年は同5658件がヒット。約3.5倍増えた。

   その仮想通貨だが、価格(相場)は仮想通貨ごとにリアルタイムで変動しており、たとえば代表的な銘柄の「ビットコイン(BTC)」価格はここ最近「1BTC=100万円超」で値動きが続く。

   「じゃあ何百万円も用意しないと買えないの!?」というと、そうではない。仮想通貨は小数点以下の単位で購入できる場合がほとんどで、実際は数千円もあれば売買を始められるのが一つの特徴だ。

   仮想通貨は取引高トップの「ビットコイン」をはじめ多数の種類(銘柄)が存在する。売買はいくつかの企業が展開する取引サービス(PCサイトやスマートフォンアプリ)上で行うが、扱っている銘柄や、売買のために参照するツールは取引サービスによって異なる。

   そこで仮想通貨に興味が湧き「始めてみたい!」と思ったら、どの取引サービスを利用するか――。投資そのものに詳しくなかったり、仮想通貨の知識がなかったりしても、初心者が使いやすいツールやサポートを提供してくれるサービスもある。

DMM Bitcoinは口座開設者に1000円プレゼントキャンペーン実施中

   2018年1月11日にサービスを開始した「DMM Bitcoin」は、インターフェイスの見やすさや、充実したサポート体制が特徴だ。取り扱っている銘柄は、現物取引が「ビットコイン」と「イーサリアム」、レバレッジ取引(少額の証拠金を預けることで多額の取引をする方法)ではこれらに加えて「ネム」「リップル」「ライトコイン」「イーサクラシック」「ビットコインキャッシュ」とメジャーな銘柄をそろえている。

   売買の判断に役立つツールも豊富だ。チャートはポピュラーなローソク足チャート(始値・終値・高値・安値を表示)のほか、バーチャート(高値・安値・終値)、ラインチャート(終値のみ)などに切り替え可能。さらに、株式やFX(外国為替証拠金取引)でもトレンドをつかむために利用される「移動平均線」や「一目均衡表」などのテクニカル指標も多数そろえている。スマホアプリ(無料)は横画面にも対応している。

   DMMグループはすでに「DMM.com証券」でFX取引を手がけており、DMM Bitcoinはそこで培ったノウハウを生かしたサポート体制も整備している。たとえば「LINE」を使った問い合わせ対応をしており、始めたばかりで分からないことがあれば24時間365日、LINEを通じてサポートセンターが個別で質問に答えてくれる。

   また軽視できないのが手数料。レバレッジ手数料を除き、取引手数料、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料が無料となっている。

   そのほかアプリでは、仮想通貨の基礎知識やアプリの機能を解説したサイトに遷移でき、基本的なことはすぐにチェックできる。

   サービス開始を記念して現在、DMM Bitcoinで新規口座の開設を完了した人にもれなく1000円をプレゼントするキャンペーンを3月31日まで実施中。詳細はキャンペーンサイトで確認できる。

姉妹サイト
    loading...