2018年 11月 14日 (水)

殺人二パウイルス、名前は「かわいい」? 「アニメキャラ思い出した」の声続々

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   インド南西部のケーララ州で、コウモリなどを媒介して広まるニパウイルスの感染が2018年5月19日ごろから流行している。世界保健機関(WHO)によると、28日までにニパウイルスによる死者が14人出たほか、16人に感染が確認され、12人には感染が疑われているとしている。

   これがネット上で報じられると、日本でも警戒感を示す向きもありながら、一部には何故か、アニメのキャラクターを思い出す人もみられた。

  • コウモリが媒介する「ニパウイルス」がインドで流行(画像はイメージ)
    コウモリが媒介する「ニパウイルス」がインドで流行(画像はイメージ)

致死率高、WHOも警戒

   国立感染症研究所によると、この「ニパウイルス」という名前は、ウイルスが分離された患者の村と川の名前にちなんだものだという。ニパウイルスに感染すると、発熱や頭痛、めまい、嘔吐といった急性脳炎の症状が出る。その後に意識障害や意志とは無関係に運動が起きる「ミオクローヌス」が起きたり、場合によっては昏睡状態に至る。

   もともとは1997年にマレーシアで流行した急性脳炎の原因として発見され、豚からの感染とされる。致死率について、マレーシアでの流行では40%、2004年のバングラデシュでの流行では60~74%と報告されている。

   現在、インドの国立疫病管理センター主導の専門チームが対応にあたり、事態の収拾に努めている。拡散を防ぐため緊急措置が発動され、患者も隔離しているという。WHOは今回のニパウイルスの流行を鑑み、インド政府に情報提供を行うほか、渡航の受け入れなどを自粛するよう呼びかけている。

「ストパン」や「ひぐらし」思い出す人が

   ネット上では、「こえー」といった声が多く上がったほか、

「ニパウイルス... 名前めちゃくちゃ可愛いのに凶悪......」
「ニパウイルス‥怖いね。それにしてもなんて可愛い響きなんだろう」

と、名前とのギャップに驚く人も。

   また一部には、

「古いオタクだからニパウイルスで真っ先に雛見沢症候群が思い浮かんだ」
「ニパウイルスって聞いて真っ先に古手梨花が頭に浮かんでしまう」
「ニパウイルスと聞いてストパンを思い浮かべたのは俺だけじゃないはず...」

と、アニメ「ストライクウィッチーズ」や「ひぐらしのなく頃に」の古手梨花を思い出したとの反応が。「ストライクウィッチーズ」には、「ニパ」の愛称をとるニッカ・エドワーディン・カタヤイネンというキャラクターがおり、また古手梨花は作品内で「にぱ~☆」と言いながら笑うシーンがある。「ニパ」繋がりでアニメを想起した人が少なくなかったとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中