2018年 6月 22日 (金)

山里亮太【緊急取材】米朝首脳会談(2) 北朝鮮は「核」を使えない

印刷
J-CASTニュース名誉編集長、山里亮太
J-CASTニュース名誉編集長、山里亮太

   2017年には「核武力完成」を宣言した北朝鮮が、18年4月の南北首脳会談では一転、「朝鮮半島の完全な非核化」に言及しました。

   18年6月12日の開催に向けて調整が続く米朝首脳会談では、日米韓が求めている「完全、検証可能、不可逆的な非核化(CVID=complete、verifiable、irreversible、denuclearization)」の行方が焦点のひとつですが、北朝鮮が言う「非核化」とのズレも指摘されています。

   J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太が、北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏に北朝鮮の核についての本音を聞きました。

前の記事はこちら
(1)米朝首脳会談 「金正恩は進化するポケモン」

「貧乏国家」北朝鮮が狙った「一発逆転」

どうなる米朝首脳会談(ドナルド・トランプ米国大統領(左)、金正恩委員長(右))
どうなる米朝首脳会談(ドナルド・トランプ米国大統領(左)、金正恩委員長(右))

山里: つい最近までバンバンミサイル撃ってた金正恩氏が、ちょっと「あれ、いい人になったんじゃないの?」みたいになってきているじゃないですか。これは本当に、そのとおり受け取っていいものなんでしょうか?

高: 別に北朝鮮は全然変わっていないんですよね。北朝鮮というのは、今でも戦争中の国家なんです。米国、韓国と戦争しています。ということは、武装解除はできません。
ただ、ご存じのとおり、北朝鮮は貧乏国家なので通常兵器を開発する余裕はない。そこで一撃必殺の核爆弾を開発したわけです。通常兵器で負けたとしても核兵器さえあれば一発逆転が狙える。

山里: 2017年まで、北朝鮮は長距離弾道ミサイル(ICBM)「火星」の発射や核実験を繰り返してきました。僕たちも、アメリカも韓国も、脅威を感じてきたと思うんですが。

高: 世界中でほとんど行われていない核実験を、北朝鮮はこの3年で2回行っています。これは、何も別に相手を驚かすとか、日本に対して脅威を与えるとかじゃないんですよ。

山里: じゃあ何の意味なんですか。

高: これは「科学」なんですよ。つまり実験というのは、繰り返せば繰り返すほど成功に近づく。開発するためには実験を繰り返して、挫折することもある。
でも北朝鮮は、核兵器を完成させるというゴールを金正恩が設定したら、もう突き進むしかないんです。去年1年間で金正恩氏は、「よしもう完成した」「おれたちは核兵器を持ったんだ」と自信を得たんですよね。でも、この核兵器というのは「使えない」んですよ。

山里: 使えないというのはどういう意味ですか?

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
残り2512文字全文3688文字
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
プレミアムコンテンツ専用の枠設置予定