山里亮太×J-CASTニュース

ネットニュースに燃やされ続けた男が、
ネットニュースを作る!

南海キャンディーズの山里亮太さんが、"天敵"J-CASTニュースの名誉編集長に就任!
日頃からネットニュースに不満をかかえる山里さんが、記者となり、みずから取材し記事を公開します。経済、カルチャー、国際情勢まで、山里目線で見るとあのニュースはどう斬られるのか?
これまでにない芸人×記者×ネットニュースの掛け合わせが始まります。

最新記事

山里亮太編集長×Bリーグ 「今試合を観に行くと、歴史の証人になれる」

山里亮太編集長×Bリーグ 「今試合を観に行くと、歴史の証人になれる」

山里亮太編集長、千葉ジェッツ島田慎二代表インタビュー 「バスケを5万人がチケットを求めるスポーツに」

山里亮太編集長、千葉ジェッツ島田慎二代表インタビュー 「バスケを5万人がチケットを求めるスポーツに」

山里亮太編集長、富樫勇樹選手インタビュー 「東京五輪でプレーする姿をファンに見てもらいたい」

山里亮太編集長、富樫勇樹選手インタビュー 「東京五輪でプレーする姿をファンに見てもらいたい」

山里亮太編集長「Bリーグ」観戦レポ 「アイドルのライブ前の高揚感とそっくりだ」

山里亮太編集長「Bリーグ」観戦レポ 「アイドルのライブ前の高揚感とそっくりだ」

これまでの連載

Special Movie

山里、J-CASTに降り立つ編

ネットニュースの明日はどっちだ?編

メイキング/楽屋インタビュー編

メイキング/初めての対談編

J-CASTニュース名誉編集長 山里亮太より

J-CASTニュース名誉編集長に就任しました山里亮太です。
かつては私のラジオでの発言をとんでもないニュースにしていただき、好きとは程遠いものでしたが、こうしてなんの因果か名誉編集長という地位をいただき、敵陣の真ん中にやってきました。
今度は僕が利用させていただく番です!
J-CASTニュースさんのコネをフルに使って色々な人に話を聞かせてもらい、それを吸収し、成長させていただきます!
その成長過程で手にする知識達をここに紡いでいきます。
みなさま、僕とともに色々なものを知っていきませんか?

J-CASTニュース名誉編集長

署名
名誉編集長山里亮太
名刺

山里亮太(南海キャンディーズ)

1977年、千葉県出身。2003年、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」を結成。愛称は山ちゃん。
バラエティ番組だけでなく、ナレーター、ラジオパーソナリティとしても活躍中。テレビ番組「スッキリ」(日本テレビ系)「アウト×デラックス」(フジテレビ系)「ナカイの窓」(日本テレビ系)「東大王」(TBS)、ラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」「たまむすび」(ともにTBSラジオ)などにレギュラー出演中。著書に「天才になりたい」(朝日新聞社)などがある。
ピンでの活動が目立つが、2018年2月、コンビ結成15年目にして初の単独ライブ「他力本願」を開催した。その模様を収録したDVD「南海キャンディーズ初単独ライブ『他力本願』」も発売中。
チャームポイントは赤いメガネ。

J-CASTニュースとは

2006年7月にスタートした独立系のニュースサイトです。新聞・テレビが持つ速報性と、雑誌の分析力を備えた「1.5次情報」を強みに、政治・経済や事件・事故の裏側、メディアの最新の動きから人気アイドルの動向、ネット上の「炎上案件」まで、独自の切り口で幅広くカバーしており、日本の代表的ポータルサイトYahoo! のほか、数多くのポータル、SNS、アプリなどにも記事を配信しています。また、読者から届く率直なコメントは活発な議論の場にもなっています。

J-CASTニュースロゴ