2018年 11月 17日 (土)

山里亮太編集長、富樫勇樹選手インタビュー 「東京五輪でプレーする姿をファンに見てもらいたい」

印刷
富樫勇樹選手(右)と、J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太(南海キャンディーズ)(左)
富樫勇樹選手(右)と、J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太(南海キャンディーズ)(左)

   こんにちは。J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太です。

   今回の取材テーマは、2015年4月に発足した日本プロバスケットリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」です。

   千葉ジェッツvs.新潟アルビレックスBBの一戦を初めて観て、1秒だって退屈させない演出と、会場が一体となった応援、人間業とは思えない選手のプレーに夢中になった僕。この会場の"熱"を選手はどう受け止めているのか知るために、試合後、千葉ジェッツの富樫勇樹選手の元へ向かいました。

   前回:山里亮太編集長「Bリーグ」観戦レポ 「アイドルのライブ前の高揚感とそっくりだ」

   富樫選手は現在25歳。新潟県の新発田市立本丸中学校を卒業後、アメリカのモントロス・クリスチャン高校に留学し、2012-13シーズンから当時bjリーグだった秋田ノーザンハピネッツに加入し、bjリーグ新人王になりました。その後、栃木ブレックスの田臥勇太選手以来、日本人2人目となるNBA選手契約をダラス・マーベリックスと締結。千葉ジェッツには2015年から所属しており、今は、日本代表の司令塔としても活躍しています。

   NBAからの移籍、チームでの活躍、そしてBリーグのこと――。聞きたいことは山ほどあります。

「山里いいか、絶対ボール触るなよ」

news_20181107123112.jpg

山里: 富樫選手、今日はおめでとうございます! お疲れのところすみません。

富樫: いえいえ! 山里さん、バスケやってらっしゃったんですね。

山里: そうなんです。一応、中・高・大学生とやっていたんですけど、異様にセンスがなくて。中高の6年間は、ほとんど練習も休まずにやっていたんですよ? でも全然うまくならない。
高校は3年間試合出られなくて、やっと出られたのが、最後の引退試合の時で。後輩が残り16秒でケガしたんですけど、そこで交代して初めて出られました。

富樫: 最後16秒で?

山里: そう、最後16秒です。そのときに監督が『山里いいか、絶対ボール触るなよ』って(笑)。それくらいのバスケレベルなんです。

news_20181107123147.jpg

富樫: えー(笑)。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!