2018年 12月 10日 (月)

山里亮太編集長×Bリーグ 「今試合を観に行くと、歴史の証人になれる」

印刷
J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太(南海キャンディーズ)/2018年10月21日、千葉ジェッツvs.新潟アルビレックスBB戦
J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太(南海キャンディーズ)/2018年10月21日、千葉ジェッツvs.新潟アルビレックスBB戦

   こんにちは。「ネットニュースの明日」編集部です。

   今回のテーマは、2015年4月に発足した日本男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」でした。

   まずは山里亮太編集長の感想から。取材してみてどうでしたか? 「千葉ジェッツ対新潟アルビレックスBB戦」は相当楽しんでいましたね。

「何より試合を観て高揚感を感じました。とにかく面白かったです」

   富樫選手や島田社長にもお話を聞きました。

「メディアの選択肢が増えた今、そこに柔軟に合わせて、新しい巨大なブームを作るのはBリーグなんじゃないか? と感じました。この時代をバスケが待っていたかのようなどんぴしゃなタイミング。お話を聞くうち、これからの日本でのスポーツ観戦に、新しい歴史が刻まれ始めていると感じました。今試合を観に行くことは、歴史の証人になれることかなと思います」

演出はNBAからジャパンオリジナルへ

   最後は、Bリーグの歴史やこれからの課題、将来について、雑誌「月刊バスケットボール」編集長の飯田康二さんに、編集部がお話を聞きにいきました。

   ――今回の取材を通して、山里編集長も私たち編集部員も、バスケットボールの見方が変わりました。「bjリーグ」と「NBL」という2リーグ体制からひとつになったBリーグ。何が1番変わったのでしょうか。

雑誌「月刊バスケットボール」編集長の飯田康二氏。学生時代からバスケットに夢中。コーチの経験もあり!
雑誌「月刊バスケットボール」編集長の飯田康二氏。学生時代からバスケットに夢中。コーチの経験もあり!
こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!