2018年 6月 23日 (土)

山里亮太【緊急取材】米朝首脳会談(3) 経済制裁で北朝鮮は追い詰められない

印刷
J-CASTニュース名誉編集長・山里亮太(南海キャンディーズ)
J-CASTニュース名誉編集長・山里亮太(南海キャンディーズ)

   トランプ米大統領の「中止」から一転、再び6月12日に開催が決定した米朝首脳会談。両国トップの話し合いで気になるのは、北朝鮮は核実験やミサイル発射をやめるのか、ということです。

   これまで国際社会は、経済制裁を強めて圧力をかけ、北朝鮮の非核化を目指してきました。

   J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太が、北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏に実情を聞きました。

「欲しがりません勝つまでは」で思想統制

高英起(コウ・ヨンギ)さん
高英起(コウ・ヨンギ)さん

山里: 核兵器やミサイル開発に多額の資金を投入する北朝鮮ですが、市民にしわ寄せはいっていないのでしょうか。ぶっちゃけ、金正恩氏に対する不満とかないんですか?

高: 北朝鮮という国家は、米国と戦うことを前提に成立しています。核兵器の装備もそうですが、人口2500万に対して軍隊が120万もいる。それで、あれだけ厳しい生活を強いられています。それでも何も起こらないのは、「我々は今、米国から攻められようとしている。それを守らなければダメだ。そのためには少々の苦しいことも我慢しなければならない」と教え込まれているからです。つまり、「欲しがりません勝つまでは」。戦時中の日本が思想統制を敷いたのと全く同じです。

山里: 今でも北朝鮮国民は「欲しがりません勝つまでは」って思ってるんですか?

高: 実は最近は、国民も米国が本気で攻めてくるなんて思ってないんですよね(笑)。でも、北朝鮮の政府は今でも、それを思想統制の理由にしてるんですよ。何でもかんでも米国のせいにするから、みんなそういうのに飽き飽きしています。

山里: 意外ですね。北朝鮮の国民は、政府が決めた方針にビシーッとついていくイメージがあって、少しでも逆らうものなら......。

高: そうなんですよね、そういう風に表向き見えるし、彼らはそう振る舞ってるんですけども、彼らが関心があるのは、自分たちの生活を維持するためのいわゆる「商売」なんですよ。
政府のプロパガンダについては、もうどうでもいいと思っていて、大事なのはお金。「俺たちの生活に手を出すな」っていうのが、今の北朝鮮の庶民たちの考え方なんです。

山里: えー! でもそんなこと言ったら、「特別な施設」の人が来て、つかまっちゃうんじゃ......。完全なイメージなんですけど。

高: わかります(笑)。国民ももちろん、「僕らお金が大事です」とは、表立って言いませんよ。でも、そういう民意が伝わったことはあります。それが2009年のデノミ失敗なんですけど。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
残り3496文字全文4690文字
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
プレミアムコンテンツ専用の枠設置予定