2018年 7月 23日 (月)

アンケート結果発表! 山里亮太の「働き方改革」で日本ダメにならない?(特別編)

印刷

   こんにちは! 「ネットニュースの明日」編集部です。

   今回、山里亮太名誉編集長が切り込んだのは「働き方改革」。働き方改革の第一人者ともいえる、サイボウズ社の青野慶久社長に話を聞きに行きました。

news_20180704122302.jpg

山里亮太の「働き方改革」で日本ダメにならない?(1) サイボウズ青野社長が答えた
山里亮太の「働き方改革」で日本ダメにならない?(2) 芸人がビジネスマンという「引き出し」を増やすワケ
山里亮太の働き方改革で日本ダメにならない?(3) テレビに出まくる僕の働き方は「遅れてる」のか

   山里編集長は「一労働者」として、テレビ業界のことやニュースで感じた疑問を素直に青野社長にぶつけ、また青野社長も分かりやすく答えてくれました。

   ――まずは、編集長、終わってみての感想はいかがですか?

「働き方改革についてこんなに知らないことだらけだったのに、それがもう決まっていることだという自分の不勉強さを痛感......。そして、自分なりの『働き方改革』の咀嚼の仕方も教わりました」

   ――私たち編集部員も、分かっているようで分かっていなかったですからね。

「与えられるだけの選択肢での努力よりも、選択肢を増やすことに力を入れる。そういう時間が作れるようにすることが今回の大事なことなのかなと」

   ――青野社長もおっしゃっていました。

「あと、色々とアイデアは出るけど、それが『理想だけど無理だよ』で済ませているようでは、まだ働き方改革は全然なんだなと思いました。いやぁ、とりあえず、副業考えてみよう......」


   今回は読者の皆さんへのアンケートも行いました。全8問。のべ有効回答数は3590票(2018年7月3日現在)。ご協力、ありがとうございました!

   ではさっそく集計を見ていきましょう。まずは「残業の実態」から。

5%が月100時間以上残業

news_20180704120748.jpg

   「毎月、どれくらい残業していますか?」(727票)の質問で、1番多かったのは「~30時間」で25.58%。1か月約20日間働くとして、1日平均1時間ちょっと残業している計算です。

   「0時間」という人は5分の1にあたる約20%。一方で、5%強ではありますが、「100時間over」という人も......。上記の計算でいくと、1日平均5時間以上残業をしていることになります。

news_20180704120816.jpg

   みなさんの会社に「働き方改革」はあるのか(651票)、という質問では、「ある派」と「ない派」が拮抗。「ある」が45%、「ない」は42%でした。徐々に働き方改革は進んでいるんですね。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
残り1517文字全文2809文字
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
プレミアムコンテンツ専用の枠設置予定