2024年 6月 18日 (火)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(6)
特権と腐敗(上)壁新聞にみる学生、民衆の不満

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   胡耀邦前総書記の死をきっかけに学生たちが火をつけた民主化要求運動は、徐々に民衆を巻き込む大衆運動としてのすそ野を広げていった。背景には年率18.5%(1988年)というインフレの嵐に見舞われて生活防衛に必死な民衆の間に、高級幹部とその子弟らが不正な手段によって私腹を肥やし、階層間の所得格差が拡大することに対する不満が高まっていたことがある。