2024年 3月 3日 (日)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(15)
政治空間としての天安門 (上)撤退か、留まるか

   全国人民代表大会(全人代)の緊急会議招集の道も閉ざされ、天安門広場の運動は方向性を見失いかけているように見えた。