2019年 9月 15日 (日)

山里亮太編集長、高知県知事と高知愛を語り尽くす<よさこい編>

印刷

お久しぶりです。J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太です。

すっかりご無沙汰しております。もう忘れ去られているのでは...そんな恐怖とともにここに登場しております。

なぜ急に静かになったかと言いますと、攻めのJ-CASTニュースとともに攻めすぎてタブーに触れて名誉編集長の座を下ろされたのでは? なんてどきどきするような理由ではなく、実は去年の終わりに胃腸炎でダウン、やっと復活して、帰宅したところ母が作ったおじやの中の牡蠣にあたり再び病院に、そこで偶然にも虫垂炎が見つかり、年明けに手術なんかして、体調と相談しながら過ごしておりました。

そんなわけで、この企画も間が空いてしまいすみません。復帰第一発目のテーマは「高知」です。

「なぜ?」そう思う人も多いと思います。

私、数年前から夏休みは友人と高知に行くほど高知にはまっております。さらにそこに去年出会ったよさこいが加わったことにより高知への愛が止まらなくなりまして、高知の友達と「よさこいを2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開会式でやるにはどうしたらいいか?」なんて議題を掲げながら朝まで高知で飲み明かすくらいなんです。

よし、ではこの思いを今回は伝えさせていただこう! ということでテーマを「高知」とさせていただきました。

じゃぁ高知興味ないから今回の記事は読まなくていいや...とお思いの方! そういう風にならないように今回なっております。もちろん高知が好きになる方も出てくれればなぁなんて思いもありますが、地方創生などの大切なお話も出てきます。なにか好きなものが増えることは人生を熱くしてくれます。そういうものを増やすヒントになったりしたら嬉しいかなという思いもあります。

そして、まだまだ知らない高知のことを、もっと知るために、高知県知事の尾﨑正直さんにお話を聞いてきました。

高知県知事尾﨑正直氏(左)と、J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太
高知県知事尾﨑正直氏(左)と、J-CASTニュース名誉編集長の山里亮太

開会式で「よさこい」踊れたら最高だね

尾﨑: いつもお越しいただいているようで、どうもありがとうございます。なんというか「しれっと」とでも表現したくなるような、そんな風な参加のされかたですよね、いつも。鳴り物入りで「山ちゃん、入るぜ」っていう感じじゃなくて。

山里: 完全なるプライベートですので。

尾﨑: だからタレントさんとしての活動でなく、本当にお好きなんだなと思って。

news_20190319155840.jpg

山里: めちゃくちゃ好きです。今日着てきたこの半纏も、よさこいチームの友人が作ってくれて。「これ、着ていると練習に参加しやすいよ」って。だから「ありがとう」って、普通に着せてもらっています。

尾﨑: 練習までされているんですか?

山里: はい、総踊りを。踊ったことはそれまで全然なかったんですが、見ているうちに踊りたくなって。よさこい60年の2013年に、GReeeeNが無償で提供したという「この地へ~」という曲。全チームが同じ振り付けで踊るんですよね。

尾﨑: お詳しいですね。そんなに好きになっていただいたのは、いつからですか。

山里: 実は去年の8月からですから、まだ半年ちょっとなんです。お仕事でよさこいの中継をさせていただいて、心をわしづかみにされました。なんてカッコいい祭りなんだって。神様と関係なく、高知への愛が主人公っていうのがカッコよくて、こんなにカッコよく郷土愛って表現できるんだ、って羨ましくなっちゃったんです。

よさこい(高知県提供)
よさこい(高知県提供)

尾﨑: そんな風に思っていただけましたか。私は18、19歳で高知を出て、40歳くらいまで東京で働き、途中外国にも行きましたが、帰省してよさこいを見るたびに、じわっと涙が出たんです。感じたのは間違いなく、郷土愛です。それは土佐人だからと思っていましたが、千葉生まれの山里さんが感じてくださった。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
【動画】#山里編集長の記事一覧へ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!