2021年 10月 17日 (日)

「動画を見るのがつらい」理解できる? テキスト派の「本音」に共感続々...その心理とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第22回です。今回は「文章コンテンツと動画コンテンツの対比が反響を呼ぶ理由」を掘り下げます。

   先日、「動画よりも文章のほうが効率がよく理解できるタイプの人にとって、動画による説明しかないコンテンツは苦痛に感じる」と訴えるツイートが大きく盛り上がりました。

<動画より文章の方が理解しやすい人にとって、動画解説はめちゃくちゃ苦痛なのに、社会全体では動画が推されててキツい - Togetter>

   こういった「動画と文章」を比較する話は過去に何度もバズっており、まとめもよく作られています。なぜそんなに話題になるのでしょうか。

  • 情報収集は動画が便利?それともテキスト?
    情報収集は動画が便利?それともテキスト?
  • 情報収集は動画が便利?それともテキスト?

コンテンツによっては動画での解説が主流に

   YouTubeなどのサービスの隆盛やスマートフォンの普及、通信環境の進歩などに伴って、動画コンテンツはとても身近なものになりました。なかでもビデオゲームや料理のレシピなど「実際の様子を映像で見た方が理解しやすい」タイプのコンテンツは、動画での解説が主流になりつつあります。

   しかし、動画には「自分のペースで情報を得ることができない」「重要な部分に辿り着くまでに時間がかかる」といった、文章と比較した時にデメリットとも言える特徴が。そのため、欲しい情報が動画でしか発信されていないと、「文章派」のユーザーは不便だと感じるようです。

<「動画を見るのがつらい」最近はゲーム情報を調べようと思ってもwikiが存在せずYouTubeによる動画での解説しかない - Togetter>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中